私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2017年8月
山形-仙台-東京とバタバタの旅
2日目


山寺にて1000段以上の石段に登った件、結果はいかに


ほりかわに車を停めて、
登り始めます。
登山口?はすぐ近くなので、
たとえ疲れ切って、足が棒になったとしても、
下山後すぐに車まで辿り着くことができます。
これはありがたい!

登山口から山門(ここから入山料あり)までが200段くらい。
山門入ってから、奥の院までが800段あまり。

入山料払ってからが勝負ですね。
山門を入ると、ひたすら石段が続いていきます。
場所によって、登りやすいとこと、
ちょっと足場が悪いなというとこもありますが、
全体としては、きちんと整備されていて、通行には支障はないですね。

雨が降ると滑りやすくなるくらいでしょうか。

登り始めると、
突然山の中の登山道の様相を呈してきますが、
下山してくる人も多く、
途中で写真撮ってる人もいて、
結構な数の人に出会います。

最初は、元気でもだんだん疲れてきて、
おしゃべりもそこそこに、
ひたすら無言で、一段ずつ登っていくということになりますね。
なので、煩悩が1つずつ無くなっていくというのは、本当かもです。

途中で、ポストがあって郵便も出せる休憩場所があって、
またこの場所が、
終点は近いものの、
疲労度はピークに達し、
奥の院はすぐそこなのに・・・
という絶妙なタイミングで、現れる休憩所なものですから、
ついつい休憩したくなるものです。

この場所で、一息入れて、
歩き始めると、終点の奥の院はすぐそこでした。

所要時間は計ってませんが、
30分くらいだったんでしょうか。
休憩入れたらもう少しになるのかなあ・・・

登り詰めた達成感を感じつつ、
奥の院に参拝したのでありました。

山寺奥の院


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 山寺, 山形, 1000段, 石段, 登山口, ほりかわ, , 所要時間,