私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年2月22日

まだ、風邪の症状が抜けきらず、
いまひとつな感じでしたので、
今日は、街の病院に行き、点滴を打ち込んでもらいました。
病院は、とても混雑してました。
インフルエンザも流行してるので、注意が必要ですね。

点滴のおかげで、かなり楽にはなりましたが、
来週半ばにタイへの買い付けの旅を控えてるので、
一刻も早く治して、体調万全で望みたいものです。

さて、旅行保険の加入のすすめ、その2ですが、
現地に着いてから、病気になることって結構多いんですよ。

数時間前まではなんとも無かったのに、突然の体調不良で、
下痢、嘔吐、発熱でダウンなんて経験は自分もあります。
あれは、移動中でかなりきつかったですけれどね。

また、同行者と同じ物を食べていて、
自分だけが何故かダウンということも、経験しました。

そんなかんだで、
旅行保険の項目の中では、
疾病治療という項目の保険料が一番高く設定されてるんですね。
だって、一番使用する可能性が高いから。

ですので、ここはケチらずに、しっかりと保険金が下りるものに加入しておきましょう。

今の世の中は、便利になったもので、
簡単にインターネット上で契約が結べてしまうので、
旅行の前日に気が付いても、加入間に合います。
大きな空港からの出発なら、空港で入ることもできます。

ケチらずに。
キャッシュレスサービスは使えるか??
疾病治療の金額は十分か?
に気をつけて加入しましょうね。

携行品の損害や、飛行機が遅延したり、飛行機の預け荷物が遅れたりした時に、
何らかの保証がされるタイプの保険も特約として付けられるので、
いろいろ検討してみると面白いですよ。

まあ、安全に何事もなく旅行に行って帰ってくればよいのですが、
万一に備えるのが保険です。

今回、久々風邪でダウンして、
「これが旅行中で、保険加入してなかったら、結構な出費だな・・・」
と何故か、考えてしまいましたので、
旅行保険の加入について書いてみたわけです。






Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : 疾病治療, 旅行保険, 発熱, キャッシュレス, 保険, 空港,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
7日目


体調不良で、バムルングラード病院へ行く段取りを・・


朝起きてみると、どうにも身体が熱っぽいのと、
喉がイガイガして声が思うように出ない状態・・・
これは、まずいことになりました。

妻も喉が痛いらしく、
バンコクの空気にやられたのかも。。
ハードなJJ3日間通いの疲れもあったしね・・・
ということで、病院に行くことが決定。

今回は、
カード付帯の海外旅行保険にしか入っていないので、
まず、タイのコールセンターに連絡を入れて、
カード会員であることの確認をとらないといけないと、
説明書に記載があったので、とりあえず連絡を入れてみました。
これの確認次第で、キャッシュレスで治療が受けれるか決まります。

損保ジャパンが主管となってるみたいで、
タイセンターの電話番号に連絡してみます。
フリーダイヤルの番号は、私の持ってるTRUEMOVEのSIMでは繋がらないです。
なぜだろう??前にも同じような経験が・・・
まあいいやと、有料の番号に電話を入れて、状況を説明。
すると、「有料ですので、こちらから再度折り返します」とご丁寧に言っていただけたので、
コールバックをもらいました。

症状をだいたい伝え、診察券があるので、バムルングラード病院をリクエスト。
キャッシュレスにするために、カード会員であることの確認をするため、
少し時間がかかります。とのこと。
その間にどうしても我慢できなかったら、病院へ行き、後から払い戻しの手続きになりますと。
確認には、2時間くらいかかるかもしれないとのことでした。


明日以降の、今後の予定では、
明日、チェンライへ移動することになっていて、本日がバンコク最終日。
サンペーン市場で何としても購入したいものもあるので、
体調は悪いが、何とかサンペーン市場にだけは行こうということになりました。

無理しすぎかな。。。
サンペーンまでは、バス204番を選択。
おいおい・・・エアコンバスだから大丈夫です・・・

出発まで、ホテルでしばし休憩します。
1時間ほど横になり、少々回復したものの、
まだまだ治ってないなあ。。。
まだ、保険会社からキャッシュレスOKの連絡はないが、
とりあえず、
そろそろ、病院へ向かうことにしますか。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バムルンラード病院, タイ, バンコク, サンペーン, 診察券, 損保ジャパン, キャッシュレス,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
7日目

バムルラード病院にて、またもや治療を受けました。日本語通訳がついてくれるので安心


バムルンラード病院の10階には、
日本語専用のデスクがあります。
ここに行くと、まるで日本の病院にいるような感覚で、
日本語で受付してもらえます。


カード付帯保険で、損保ジャパンから連絡も入っており、
問題なく受付は終了。
前回の診察券も一緒に提出してるので、
とてもスムーズでした。

再びタイに行くかもという方で、万一病院に行ったら、
診察券をもらっておくのも一つの方法ですね。

受付を済ますと、15階の内科に行くようにとのこと。
ここで、エレベータで15階へ上がり、
指定のカウンターにもらった書類を出すと、
まず、体重、血圧などのチェックをしてくれます。
その後、しばらく待つようにと。
やがて、日本語の通訳の方がやって来て、
一緒に診察室へご案内となりました。

診察の結果は、
二人とも、何らかの細菌が入り込んで、
喉で炎症を起こしているとのこと。
しかしながら、そこまでひどくはないので、
薬を処方しておくので、それを飲みながら様子を見てくださいというもの。

薬をのんだら、多少改善されるでしょうと。

というわけで、
診察はあっけなく終了。
ありがとうございました。

この後は、会計に書類提出。
金額を表示されますが、キャッシュレスとわかっているので、
確認してサインするだけ。

続けて、薬局へ。
薬をもらいました。
ここは日本語不可なので、英語で説明してもらいました。

これで、診察の一連の流れは終了です。

会計のある窓からは、良い景色を見ることができました。
バムルンラードからの眺め


体調不良時には、いつも大変お世話になっております。
ありがとうございます。
バムルンラード病院には、また体調がすぐれない時は行ってしまいそうです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バムルンラード病院, キャッシュレス, バンコク, タイ, カード付帯, 旅行保険,