私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


この後は、バンコク市内をまずは徹底して歩き回り、土地勘をつかんでいきました。
とにかく地図をポケットに入れてまずは歩く。で、わからなくなったらバスに乗る。
地図もガイドブックを街中で広げてみているのは、「私は観光客です。」と言って周りに宣伝しているようなもの。
[タイでの街歩き]の続きを読む

関連タグ : タイ,

バンコクという土地は、次に目的地がある場合には3日以上留まってはいけない。なぜなら、それ以上いるとあまりの居心地のよさに動けなくなってしまう。
で、バンコク地獄に陥っていってしまう。という噂は初めてバンコク(クルンテープ)に足を踏み入れる前によく耳にしていたが、まさか自分もそれに陥るとは・・。
[バンコクという土地]の続きを読む

関連タグ : タイ,

さていよいよ、ソンテウに乗ってクラビの町を目指す。
ソンテウとはどんな乗り物かと言うと、ピックアップトラックそのものです。
ピックアップの荷台に簡単な椅子と、幌を付けただけのもの。こんなトラックが町の中をタクシーというかバスみたいな感じで走っています。

そのソンテウに乗って、ブーンと風を切りながら町の中へ入っていく。
普通はとてもスピードを出すが、この運転手は運よくというか珍しく丁寧な運転だ。
途中で手を上げて合図してくれた人々を拾いながら、ソンテウの荷台は人とその荷物(野菜とか)でいっぱいにして、やがて賑やかな町の一角に到着した。
ここがこのソンテウの終点。どうやらここがクラビタウンの中心地らしい。
付近にはコンビにやら旅行代理店やら並んでいるが、バンコクと違いのんびりムードが漂う。
特に客引きもいない。

とにかく暑い。2月だというのに殺人的な光線が照り付け、本当に焦がされてしまいそうだ。
クラビタウンには、日本人の奥さんが経営している「さくら」という日本料理店兼旅行代理店があるとのことで、とりあえずここに行きクラビの情報を得ることにして、すたすたと殺人ビームの中を歩き出したのでした。

現地で言葉に困ったら、
シリーズ300万部突破!旅の指さし会話帳
を使ってみては。
タイ語

関連タグ : タイ, クラビ, ソンテウ,

2013年3月

久しぶりにチェンマイに行って参りました。
いやあ、何年ぶりなんでしょうか。
こんなことを書いてると年齢がばれますが、
そんなことはここでは置いておきましょう。
まずは、タイ旅行への出発から、書き込んでいきましょうか。

私は沖縄に住んでいますので、
まずは日本から出国するのが大変なんです。
沖縄からもソウル・上海・香港・台北などに直行便があるのですが、
今回は、ユナイテッドのマイレージプラスの無料航空券を利用したので、
福岡経由となりました。

本当は、アシアナ航空使って、
ソウル経由でバンコクに飛ぶのが一番良いかなあと考えていましたが、
予約するのが遅れた関係で、それも取れず・・・
で結局は、
往路は沖縄から福岡を経由してタイ航空でバンコクへ。
復路がバンコクから沖縄を跳び越して成田へ飛び、沖縄にまた戻るというルーティングになりました。

これもユナイテッド航空のコールセンターの方が、
一生懸命、空席を探してくれた結果なので、本当に感謝ですね。

さて那覇空港では、那覇空港パーキングに車を預けて、空港まで送ってもらい、
12日間の旅に出発です。

那覇空港では、無料航空券とあってチェックインに少々時間がかかったものの、
無事に沖縄-福岡-バンコク-チェンマイの各区間の搭乗券をもらいました。
タイ航空の区間では、座席が連れと離れてしまったので、
福岡空港でもう1回座席の指定をやり直してもらうことにしますか。

あまり時間がないので、
早々にセキュリティチェックを抜けて、32番搭乗口へ。
まずは福岡へ向かいますか。
朝一番の便ということで遅れもなく、ほぼ定刻にプッシュバックされて。やれやれです。

NH480便福岡行きの767-300型機は、無事に那覇をエアボーン。
いよいよタイ旅行が始まったな・・・なんて思ったものです。

OKANH480



関連タグ : タイ, チェンマイ, タイ航空, マイレージプラス, , 那覇空港,

2013年3月
チェンマイ4日目

サンデーマーケットは、
17時くらいが、いろいろなものを探すのに、
よいかもと書きました。

というのは、夜になってしまうと、
電気の明かりでしか、商品を見れないので、
わかりにくいという点や、
通りが、人の流れに沿って、左側通行になってしまうという点があります。
人の流れが完全にできて、
ワットプラシン方向は左側通行、
ターペー門方向はその反対、
という流れが出来上がっている所もあるので、
反対側に欲しいものが売ってるお店があると、
さあ、大変という具合になりますね。

我々は、トボトボと周辺のお店を見ながら、
ワットプラシンまで行って、
折り返してきました。

折り返し始めると、
ちょうどほとんどのお店の準備が整ったくらいの時間です。
時間でいうと、18時少し前くらいです。

しかし、ここからが、
サンデーマーケットの本当の時間帯に入り、
より賑やかになっていきますね。

私は、
タイのお菓子をいくつか、ここで味わいましたので、
写真を載せておきましょう。

タイの屋台で売られているスイーツは、
価格も安いので、ついつい手が伸びてしまいますね。
種類も豊富で、これまた迷う。

sundaymark1


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : サンデーマーケット, チェンマイ, スイーツ, タイ,

2013年3月
チェンマイ4日目

サンデーマーケットで、
すごいと思ったことの一つに、
何と、お巡りさん(警察官)が、
警察署の前でライブをやってました。

このお巡りさんは非番なのかどうか、知る由もないのですが、
サンデーマーケットで、
ファランも多い中、
自ら弾き語りで、洋楽も披露し、
拍手喝采を浴びていました。

後で聞くところによると、
このお巡りさん、このチェンマイのサンデーマーケットでは、
かなり有名らしいですね。
sundaymar2


いやあ、しかし、
このくらいのんびりしていると、
警察官ものんびりしてくるんでしょうね。

日本でやったらどうなるか?・・・
おそらく、遊んでるとかなんとか、ケチ付けられて、
受け入れられないのだろうなあ・・・

日本の人々も、このような考えが少しあったら、
もうちょい楽になるのかもしれないなあ・・・
なんて思いましたね。

時間はちょうど、このお巡りさんのライブを見ていたら、
18時になりました。
18時になると、タイ国歌が流れ、
賑やかなサンデーマーケットも、ひと時の静寂が訪れました。
これも、タイのすごいところですね。
タイでは、夕方18時になると、国歌が流れて、その時は動いてはいけないんです。
国に敬意を表すという意味で。

国歌の流れてる間、
お巡りさんは、
警察署に掲げられた、
国王陛下の絵に対して、敬礼してました。

なんか、感動する1分間でしたね。
しかし、国歌が流れ終わったら、
何事もなかったように、もとの賑やかさに戻るところも、
またすごいんですよ。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : タイ, 国歌, 警察官, 国王陛下, ライブ, チェンマイ,

2013年4月
バンコク2日目(旅行自体は8日目)

プーカオトーン(ワットサケット)からのバンコクの景色は、
とても新鮮な感じでした。
次は、大きいブランコを見るために、
ワット・サケットへ向かいます。

ルートは、こちら→ルート地図
もちろん徒歩で行きますよ。
トゥクトゥクが勧誘してきますが、お断りしました。

テクテクと歩いていくと、
何やら、仏像関係のものを作っている店が多いなあと感じます。
額縁とか、小さな彫り物をしているお店もありました。

さらに、運河を越えて、
遠くに大ブランコが遠望できるようになる通りに差し掛かると、
この通りは仏像問屋であることが判明しました。

歩道に所狭しと並べられる仏像の数々。
中には、かなりリアルな僧侶までもいました。
僧侶はかなりリアルなので、うちにいたら本物と間違えてしまいそうです。

金ぴかの仏像に、色を塗ったり、
いろいろと施している様子も見えて面白いですね。
これ売り物の仏像です。↓
BKK売り物の仏像です


しかし、これだけの数の仏像に需要があるのだろうか・・・
と思ってしまいましたね。
仏像って買い換えるものでもないだろうし、
一度購入したら、もうずっとその場所に安置というイメージなんですが、
タイではどうなっているのでしょうか。
興味深いところではあります。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 仏像問屋, タイ, 仏像, 僧侶, 需要, バンコク,

2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

バンコク市内のプラトゥーナム辺りから、
バスに揺られて2時間弱、ようやく目的地のクレット島へ上陸できそうです。

小さな渡し舟に揺られること、3分。
対岸のクレット島へいよいよ上陸です。
すぐ目の前に見えている島ですし、
チャオプラヤー川の中洲ですから、
あっという間に上陸となるわけですね。

平日のせいもあってか、
観光客というよりも、地元の人が多い感じですね。
観光客といってもタイ人なので、地元かどうかの判別は付かないのですが・・・

上陸したのは、14時過ぎでしたので、
もう余り時間なしということで、
島を1周するのは諦めて、
窯元村なるとことを目指します。
ちょうど、島を時計回りに廻る感じです。

しかししかし、行けども休みのお店ばかりです。
人もほとんど歩いていません。
ただの田舎のタイの光景です。
クレット島の

おまけに、かなりの暑さで、身体が参っています。
人気のない商店で、アイスクリームを購入して、一休みです。

さて、あきらめて、今度はお土産屋さんが集中しているという、
島の北側へ回りこんでみることにしましょう。

すると、寝釈迦仏を発見しました。
(つづく)


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : クレット島, 窯元村, 暑さ, 渡し舟, タイ,

2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

クレット島への探検は終了し、
戦勝記念塔を経て、BTSに乗車して、
ついに、戻って参りました。
マンハッタンホテルのある、スクンビットのソイ15辺りへ。

アソーク駅で下車すると、
目の前にターミナル21というショッピングモールがあります。
このモールの上に、安いフードコートがあるのです。
目的地は、フードコートですが、
その前に、ターミナル21を少し紹介しておきましょう。

このショッピングモールは、
空港を見立ててあるらしく、
1階が東京、2階ロンドン、3階イスタンブールといった形で、
それぞれのフロアが、それぞれの都市をテーマにした構造となっています。

東京フロアは、
「これがタイ人から見た日本のイメージなんだな」と再認識させられる、
造りになっていました。
お相撲さんがいたり、富士山の絵、意味不明の日本語の書かれたちょうちんなど。
なかなか見ていて面白いです。
terminal212

「東京ショッピングストリート」と英語で書かれている暖簾があったのですが、
これを解読するのに、かなりの時間を要してしまいました。
日本語で読むと意味がわからん。
頭の体操ですな。↓
terminal213


らーめんとか書かれていて、
行ってみると、洋服屋さんだったりします。
嬉々として・・・という言葉もちょうちんになっています。
terminal21

無理やり日本の街をイメージしてるんだけれど、
入ってるテナントが全然関係ないということにもなっていて、
非常にタイらしさを感じて、面白かったです。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ターミナル21, タイ, 日本, ショッピングモール, ロンドン, イスタンブール,

2014年になりました。

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、タイに行くことができましたので、
その様子を事細かに買い込んでいるうちに、
年が明けてしまいました。

昨年3月から4月にかけての旅を、
いまだに書いているという状態ですので、
筆の遅さにびっくりとしているところです。

仕事の合間をぬって記事を書いているということもありますので、
のんびりとさせていただいております。

そんなタイ旅行の記事も、残すところあと10回くらいでしょうかね。
マイペースで行きたいと思います。

実は、「姉妹ブログ」というわけでもないのですが、
もう一つ「沖縄に移住してみたい!まずは旅から!」というブログも、
あわせて執筆中ですので、
こちらも、お時間ある時にご覧くださいね。

今年は、どこへ旅できるかわかりませんが、
行ける所へはどこへでも行くという具合です。

LCCも躍進して、
航空運賃がどんどん下がり、
お手軽に海外に行けるような年になるといいですね。

今年もよろしくお願いします。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ