私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2005年5月

九份の駅前からバスにて九份の観光地へ向かうのですが、
バス乗り場は駅前にポールが立っているのみ。
それにしても、どちらの方向へ向かうバスに乗ればいいのか方向がわかりません。
そこで、客の多さでまず判断し、バスに乗る際には行き先表示を再度確認することにします。

どうも道の反対側にあるバス停に、台湾人の団体がいたので、
見当をつけてそちらへ移動し、やって来たバスに乗り込みました。
行き先表示が金瓜石だったので、間違いないでしょう。
車両は普通の路線バスタイプのもの。

発車したバスは、すぐに市街地を離れて、山をグングン登りながら高度を稼いでいきます。
朝から曇っていましたが、ここへ来て太陽が顔を出しました。
台北の5月は天気が良くないと聞いていたのですが、
九份の地で天候が回復してくれるとは、嬉しい限りですね。
バスの車内は大変混み合っていて、座ることはできませんでしたが、
窓からちらと見える、山の上からの景色はとてもきれいでした。

多くの台湾人でいっぱいのバスは、山をどんどん登ります。
このバスの終点は金瓜石という所で、日本統治時代にはそちらも金鉱として栄えたらしいのですが、
今回は手前の九份で下車となります。

セブンイレブンの見えるバス停で、多くの台湾人が下車したので、
ここに間違いないということで、一緒に下車。
ここから基山街という九份の、言わば商店街に入っていくことになります。
観光地のムードがプンプン漂う、このアーゲード付きの商店街の内部の様子はまた次回ですね。


関連タグ : 九份, 金瓜石, バス, 台湾,

2011年6月
南インド4日目

マドゥライをプライベートタクシーで出てから2時間半。
ようやくカニャークマリの手前まで来たようです。
道路沿いに立っている標識を見ていると、だんだんカニャークマリへの距離が減ってきているのがわかります。

前回にも少し書きましたが、
カニャークマリの少し手前で、おびただしい数の風車を目にしました。
すべて風力発電用の風車です。道の両側見渡す限り風車また風車
1000基ではきかない、それ以上あるんじゃないでしょうか。これでもまだ不足と見えて、とても長い風車の羽を積んだトレーラーも見かけました。
これだけの風車があるといったいどんな影響があるのかはわかりませんが、
構造的には、風車で発生した電気はいきなり普通の電線に流されそのまま家庭用になるかのように見えます。しかしその辺は素人ですので何ともわかりませんでした。
これでかなりの電力を賄っているんだとしたら、これぞ自然エネルギーでしょうか。

風車
この写真でわかっていただけるでしょうか。風車の数の多さ。

この風車群を通り抜けると、いよいよカニャークマリです。
ハイウェイが突然行き止まりとなり、細い道をうねうね行くと、
入域のための料金所がありました。すべてカニャークマリに入る車両はお金を払うことになっているようです。
はじめは何だかよくわからなかったんですが、そこがカニャークマリの入り口であるとわかりました。

やがてタクシーはカニャークマリの市街地へ入っていきました。
右手に駅が見えて、しばらく走り左折したら目的地の
ホテルシービューです。

結局所要時間は、マドゥライから3時間と少し。
途中でどこ行きかわからないバスを何台も抜かし去ってきたので、
あきらかに路線バスよりは早いことでしょう。
しかし、路線バスはまあまあ混雑していたものの、鈴なりに人が乗っているわけではないので、
ホテルChentoorの彼が言っていたほど,ひどいものではなかったのかもしれません。
まあ、実際にバスには乗っていないので何とも言えないのですが、かなり楽に短時間で移動できてしまったことは事実であり、これはかなり助かりました。
費用はかかったけれど、体力面からは良い選択だったのかもしれませんね。

そんなわけで、16年前に行けなかった念願のカニャークマリについに到着となったわけです。



関連タグ : カニャークマリ, 風車, 風力発電, タクシー, バス, ,

2014年8月
チェンマイ4日目

チェンマイエアポートプラザに足を運ぶことになり、
ソンテウを利用しました。
ワットチェンマンの近くから、お堀へ出たところあたりで、
流してくるソンテウを拾います。この場合は、赤い色のソンテウです。
ピックアップトラックの後ろの荷台が座席になっているし仕様で、
チェンマイの街ではそこらじゅうで見ることができます。

チェンマイソンテウの仕組みは面白いですね。
タクシー的というか、バス的というか、
このふたつを掛け合わせた感じになりますね。

ソンテウ1台目、右手を下に出して、停車してもらい、
運転手さんに行き先を告げます。
この車は誰も乗ってなかったので、たいていの場合は行きます。
先客がいる場合は、同じ方向であれば行ってくれます。

ということは、チャーターしない限りは、途中でも同じような方面であれば、
どんどん他の乗客を乗せていきますので、目的地へまっすぐ行くとは限りません。
もしかしたら少し遠回りで時間がかかるかもしれません。
が、ここはタイですので、のんびり構えていてくださいね。

で、結局途中でお客さんが乗ってきたので、
カードスアンケーオに立ち寄ることになって、
少し遠回りをして、空港近くのセントラルプラザへやって来ました。

途中のチェンマイ光景↓
チェンマイの街の中光景


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, ソンテウ, カードスーアンケーオ, セントラルプラザ, タクシー, バス,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

台北の入国には30分かかったものの、
現在の時刻は13:40くらい。
V-Airのチェンマイ行きは、16:00の出発ですから、
まだ2時間以上の余裕がありますね。

そこで、第1ターミナルへ移動してみました。
移動には無料バスもあるようなのですが、
バスだとあちこち空港内を回ったりして時間がかかるとの情報あり。
そのため、無料の電車を使います。

まず沖縄から到着したのが第2ターミナルです。
ここにはセブンイレブンがあります。
空港内24時間営業のセブンイレブンに何が売っているのか?
興味津々で見ていると、どんどん時間がなくなっていきますね。
急がねば!

周囲を見回すと、
「Station to Terminal1」の電車のマーク入りの看板を発見!
この看板に従って歩いていきますと、
難なく電車の駅えたどり着くことができました。
TPEシャトル1

電車(シャトル)の駅はこんな感じ↓
TPEシャトル2


電車は無人運転の2両編成。
制限エリア内と制限エリア外の乗客が分離されている構造なので、
電車内での車両移動は不可となります。
もう一方の車両の乗客は、制限エリア内に入った人ということになります。
写真の奥の車両は制限エリア内の人の車両↓
TPEシャトル3

これに乗車すると、
難なく2分ほどで第1ターミナルへ移動完了できました。

ただ、このターミナル間のシャトルは、
空港関係者が多く利用しているような印象です。
まあ、乗客でターミナル変更する方はそうそういないのでは?
とも想定できますね。あと、時間帯とか・・・

まあ、我々は相当の物好きなんでしょうか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 台北桃園空港, 無料, シャトル, バス, ターミナル, セブンイレブン,

2015年9月
1日目

MM921のピーチの飛行機は、
時間より早く台北桃園空港に着陸しました。
到着ゲートからは、歩いて入国審査へと向かいます。

台北の入国カードは機内で記入済。
トランジットで台北には12時間くらいの滞在となりましょうか。
次に乗るVairバンコク行きは21:10出発予定。
ホテルを記入する欄があるのですが、ここってトランジットだとどうなるのでしょう。
悩んだ末、適当なホテル名を記入しました。
帰国時は、ためしにtransitと記載してみたのですが、それはまた帰国時の記事にて。

写真と指紋を摂られたものの、
難なく通過。
荷物は機内持ち込みにつき、ターンテーブルはスルー。
税関もスルーし、
到着ロビーに出てきました。

半年前の3月にも来たばかりなので、
場所はわかっています。
両替を済ませ、荷物の一時預かりを探します。

地図を頼りに行きましたが、見当たらず・・・
「あれおかしいな・・・」
地図どおりに行くと外に出てしまう・・・あれ?

ピーチ機内で出会った、中国語堪能な沖縄出身の男の子と、
再び偶然出会ったので、聞いてみると、「わからない」とのこと。
一緒にインフォメーションへ行ってみると、そこのオバちゃんの係員日本語ペラペラでした・・

結果、外に出て、出発ロビー側に移すると、カウンターがあるので、
そこに預けられるとのことでした。
沖縄の男の子、オバちゃんありがとう。

というわけで、荷物を抱えたまま台北市内を歩き回るということは回避できたので、
早速バスに乗って台北市内へ向かうことにします。

バス乗り場へ移動し、
迷わず国光客運チケットカウンターで、台北駅まで125元の切符購入。
5番乗り場へ
バス番号1819
すでにアメリカンバスが待機してました。
国光号1

このバスは、結構古いですよ。
トランクに荷物がたくさん入るので、空港線に多く使われているバスとか。
国光号2

このバスに揺られて、
台北市内へ向かいます。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台北市内, バス, 国光客運, アメリカン, チケット, 荷物,

2015年9月
1日目

台北桃園空港から台北市内へは1時間弱。
国光客運のアメリカンスタイルのバスは、
老体にむち打ってる感じで、一生懸命高速道路を走ります。
上り坂にさしかかると減速。

ほとんど高速道路を走行するのですが、
結構アップダウンがあり、上り坂ではバスは苦しそうに走行してます。
大丈夫かな・・・

やがて、高速道路を降りると台北市内へ入ります。
いくつかのバス停に停まり、客を降ろしながら進み、
終点の台北駅に到着です。
50分くらいでした。

台北駅前

電車の線路は地下にあるので、
駅っぽくはないのですが、
建物はやたらと大きく、いくつものテナントも入っており、
どこの食べ物屋さんもおいしそうです。

10年ぶりに台北駅に降り立ちましたが、
過去の記憶っていい加減なもんですね。
こんなにお店がたくさんあったという記憶がまったくありません。

駅の中をウロウロしていると、
美味しい食べ物に目移りしてしまうので、
早めに本日の目的の一つである、
鼎泰豊の本店に向かうことにします。

最近、地下鉄ができてアクセス便利になったんですね。
東門駅からすぐではないですか。
いざ、出発!


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 鼎泰豊, 台北駅, 国光客運, テナント, バス, 地下鉄,

沖縄から福岡空港に到着して、
34分後に出発する新幹線に乗り、福山まで行くという方がおりましたので、
乗り継ぎできたかどうかという結果をレポートします。

福岡空港は利便性が高く、
博多駅とは地下鉄で5分の距離でつながっており、
空港から市内へは難なく移動できます。

この方法を用いて、
21:00に福岡空港に到着の飛行機から、
博多駅発21:34の「こだま」福山行きに乗ろうというわけです。
飛行機が遅延しようものなら、どんどん不利になりますね。

最悪、21:34のこだまに乗り遅れたとしても、
21:45発の「さくら」広島行きがあるので、これに乗車できれば、
小倉で先行してる「こだま」に追いつき、乗り換えられるということもできます。
が、これはいわば保険ですね。
たった9分の保険では心もとない感じもしますが・・・

さらに、21:45の「さくら」新幹線も逃したら・・・
22:15に博多駅隣の博多バスセンターから出る、
岡山行きの高速バスで倉敷まで行って、朝の山陽本線で福山へ戻るという方法もあります。
夜行バスは予約制なので、、いきなり行って空席があるかどうかというものありますが・・・

これも逃すと、後は博多にお泊りということになりますね。

結果
この日は運よく?飛行機の遅延はなく、
予定通り21:00に福岡空港に到着。
当然手荷物にしてあるので、空港内をダッシュし、
地下鉄に乗り込み、おそらく21:08発の市営地下鉄に乗り、
21:14に博多駅到着。
この時点でもうセーフなのですが、
彼はあえてラーメン食べてゆっくりし、21:45のさくらに乗ったとのこと。
30分あれば余裕でラーメン食べれますからね。

間に合ってしまいました。
福岡空港と博多駅がいかに近いかを実感する出来事です。

ただし、何らかの理由で飛行機が遅れると、
どんどん厳しくなってきますので、
この方法を取る方は、あくまで自己責任でお願いしますね。

それと、これは、沖縄から尾道や福山とかのあたりへ行く場合ですが、
実は関空経由よりも、博多経由のほうが便利なのかもしれませんね。
値段とかの兼ね合いもありますが、
博多でゆっくりしてから、翌日の朝、広島方向へ向かう方法が、個人的にはお勧めです。

以上、報告でした。。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 沖縄, 福岡空港, 博多駅, 地下鉄, 遅延, バス, 新幹線, さくら, こだま, 夜行バス,

2000年のこと

ヨーロッパを周遊してるときに、
オランダに立ち寄った時の印象をぱっと書いてみます。

ベルギーのアントワープから
列車に乗ってアムステルダムまでやって来ました。
所要時間は、2時間もかからなかったような。
意外と近いなと感じました。

国境でのチェックもなく、
気が付いたらオランダ領に入っておりました。
列車は順調に走り、アムステルダムの中央駅に滑り込みました。

やれやれ、どんな街なんだろう。。
と駅を出て駅前広場へ降り立ってびっくり。

何にびっくりしたかというと、
人種の多さですね。
皮膚の色の様々な方々が、横断歩道を渡ってくるではないですか・・・
しかもみんな、身長がでかい、怖い・・・
という感覚を始めに持ちましたね。

しかしひるんではいられないので、
何食わぬ顔して、駅前を出て、
予習して頭の中に叩き込んでおいた地図を頼りに、
街のインフォメーションをめがけて、
たしか、DAMRAKという通りを進んでいきました。

これは賑やかな通りでして、
両替所とかホテル、レストランもあり、
便利な場所だなというイメージを持ちました。

ヨーロッパ全土にバス網を持つ、
ユーロラインのチケットオフィスもありました。
アムステルダムから、バスに乗りまくって各国を周るという、
修行のような道中にここからなっていくわけです。

ホテルも無事に決まったのですが、
このホテルがまた妙な構造だったので、
それについては、次回に書きたいと思います。

とにかく、オランダのアムステルダムに到着しての第一印象。
「これは、ちょっと怖い街に来てしまったな」という言葉ですね。
でも、だんだん慣れていくんですけれどね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : アムステルダム, 怖い, アントワープ, ユーロライン, バス,

2016年3月
タイへ
1日目

台北桃園国際空港では、
ピーチ到着から、次に乗るタイガーエア台湾のバンコクドンムアン行きまで、
約6時間ありました。

とは言っても、
着陸してスポットまで飛行機が移動、降機して、
入国審査、税関、やっと到着ロビーに出る。
ここまで1時間弱はかかってしまい、
かつ次の便は国際線だから、2時間前にはチェックイン開始。
となると、
滞在時間としては、正味3時間ほどになるわけですね。

この3時間を駆使して、
Tripuncleは買い付けを、
5059番のバスで1時間ほどの桃園市内で断行しようとしていたのですが、
ピーチの遅延で難なく諦めました。

もし、強行していたら、
ちゃんと帰ってこれたかどうか。。。。
かなりバタバタになったんじゃあないでしょうかね。
帰りはタクシーを使って・・・なんてなったかもしれません。。。

それと、
台鉄の桃園駅と、新幹線の高鉄桃園駅はまったく違う場所ですので、
混同しないようにご注意くださいね。
台鉄桃園へのバスの方が本数が少ないようです。
まあ、今回は行かなかったんですが、
タイの買い付けの帰りにこうした台北付近での、何かの買付けというのはチャンスがあるかもです。
乞うご期待ください。

なので、今回は空港内で過ごすことになり、
第1ターミナルに居てもつまらないので、
第2ターミナルへやって来ました。
ここの地下にはフードコートがあって、美味しいものが食べられそうです。

こんなスープと、美味しいタレののった、麺を食べました。
じゃじゃ麺ですね。
付属のお茶は、ほんのりと甘いのですが、
これがまた絶妙な組み合わせで、妙にじゃじゃ麺と合ってしまうから不思議。
TPEfoodcourt

のんびりしましょう。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 桃園, 5059番, バス, 市内, 買い付け, じゃじゃ麺, Tripuncle,

2016年3月
タイへ
1日目

ドンムアン空港からA2バスに乗ろうとして、
20時発と言われたので、
その前に郵便局をチェック。

3日後にチェンマイへ、タイライオンエアにて行くのだけれど、
その時に空港である程度の荷物を送ろうという算段。
これに備えて、朝は何時から開いているのか、また何時に閉まるのか、
確認してきました。
以下の写真。
ドンムアン郵便局営業時間


郵便局は、出発階の3階にあります。
カウンターの窓口だけの郵便局で、
果たしてここで小包は出せるのかと思いましたが、
どうやら箱を売っているようなので、大丈夫だろうと判断。
結果、ここで差出することはなかったので、確認はとれていませんが・・・

その後、タクシーのカウンターを見に行くと、
結構並んでいますね。
何分後に自分の番がくるのかなあ・・・
仕方がないので、20時頃発と言われているA2バスを待ち、
もし時間通りに来ないようなら、タクシーで行こうと決断。

到着階のバス乗り場に行ってみると、
ちょうどA2バスがやって来たではないですか・・・
ラッキーとばかりに乗り込みます。
時間は、19:58、フライングして発車。
第2ターミナルを経由しましたが、お客さんがいないのかスルー。
そのまま高速へ入りました。

このA2バスは、高速を経由して、
モーチットのBTSとMRTの駅を通って、
戦勝記念塔(アヌサワリー)まで行きます。
料金は30バーツ均一。

昔は、エアポートバスのA2がカオサンまで行っていたんですが、
廃止されてしまいました。なつかしい。
今回乗ってるA2バスは、戦勝記念塔までしか行きませんから。
A2が復活して、区間が短縮された格好ですね。

ちなみにA1のバスは、モーチット駅までだそうで。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ドンムアン, A2, バス, カオサン, 戦勝記念塔, アヌサワリー, モーチット,