私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2017年3月から4月
タイ買付けへ
7日目


体調不良で、バムルングラード病院へ行く段取りを・・


朝起きてみると、どうにも身体が熱っぽいのと、
喉がイガイガして声が思うように出ない状態・・・
これは、まずいことになりました。

妻も喉が痛いらしく、
バンコクの空気にやられたのかも。。
ハードなJJ3日間通いの疲れもあったしね・・・
ということで、病院に行くことが決定。

今回は、
カード付帯の海外旅行保険にしか入っていないので、
まず、タイのコールセンターに連絡を入れて、
カード会員であることの確認をとらないといけないと、
説明書に記載があったので、とりあえず連絡を入れてみました。
これの確認次第で、キャッシュレスで治療が受けれるか決まります。

損保ジャパンが主管となってるみたいで、
タイセンターの電話番号に連絡してみます。
フリーダイヤルの番号は、私の持ってるTRUEMOVEのSIMでは繋がらないです。
なぜだろう??前にも同じような経験が・・・
まあいいやと、有料の番号に電話を入れて、状況を説明。
すると、「有料ですので、こちらから再度折り返します」とご丁寧に言っていただけたので、
コールバックをもらいました。

症状をだいたい伝え、診察券があるので、バムルングラード病院をリクエスト。
キャッシュレスにするために、カード会員であることの確認をするため、
少し時間がかかります。とのこと。
その間にどうしても我慢できなかったら、病院へ行き、後から払い戻しの手続きになりますと。
確認には、2時間くらいかかるかもしれないとのことでした。


明日以降の、今後の予定では、
明日、チェンライへ移動することになっていて、本日がバンコク最終日。
サンペーン市場で何としても購入したいものもあるので、
体調は悪いが、何とかサンペーン市場にだけは行こうということになりました。

無理しすぎかな。。。
サンペーンまでは、バス204番を選択。
おいおい・・・エアコンバスだから大丈夫です・・・

出発まで、ホテルでしばし休憩します。
1時間ほど横になり、少々回復したものの、
まだまだ治ってないなあ。。。
まだ、保険会社からキャッシュレスOKの連絡はないが、
とりあえず、
そろそろ、病院へ向かうことにしますか。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バムルンラード病院, タイ, バンコク, サンペーン, 診察券, 損保ジャパン, キャッシュレス,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
7日目


サンペーン市場から、GrabTaxiのアプリを活用して、バムルンラード病院へ


さて、買い物を短時間で済ませた、
体調不良の我々は、もはやバスなどに乗る体力は残っておらず、
タクシーを拾うことにしました。

しかし、サンペーン界隈はものすごく渋滞してるので、
タクシーを捕まえても、メーターを使わせてくれるの??
という心配が残ります。
そこで、GrabTAXIのアプリを活用します。

アプリを起動し、
目的地を入力(この場合は、バムルンラード病院)し、Bookというとこをタップ。
すると、自動でタクシーを探してくれます。
マップ上にドロップすることで、目的地の設定もできます。

bookを押下後は、
付近にいる、多数のグラブタクシー登録車両からの返信を待ちます。
やっと1台が応答しました。
車両ナンバー4492と出ています。
今は、まだ少し離れた場所にいることが、手元の画面でわかります。

到着まで3分程とも表示されています。
ドライバーから確認の電話がかかってきました。
その場所で待っててと。

待つこと3分。
ヤワラー方面から、1台の4492の車両ナンバーつけたタクシーがやって来ました。
合図してから、ナンバー確認して、乗車します。
念のため、運転手さんに行先を確認します。
とはいっても、事前にわかっていることになってるのですが・・・

走り出したタクシーは、チャイナタウンを抜けて、
フォアランポーン駅前を通過し、ラマ4世通りを進んでいきます。
ここで大渋滞です。
どうやら先にある立体交差が工事中で通行不能らしく、
全車両側道へ回されています。これが渋滞の原因??

ドゥシタニホテル_
ドゥシタニバンコクの横をゆっくり通過です。

ドライバーは、毎日こんなもんだと言ってますが・・・

高速を使うように言われましたが、
いやいやと自分のグーグルマップでルート探索してみると、
高速使うまでもなさそうだったので、
ウイタユ通りを北上して、セントラルエンバシー横を通って、
ベップリー通りへ出て、北側からスクンビットのソイ3(一方通行)を南下して、
バムルンラード病院へ至るルートでとお願いしました。
素直な運転手さんで、これに従ってくれました。

高速を使った場合、所要時間は不明だし、どんなルートになるのかもわからないので、
一般道で正解でした。

結果、50分くらいでなんとかバムルンラード病院へ到着となりました。
map201704BKK


165バーツ。
GrabTaxiでの評価は、エクセレントにしましたよ。
素直にこちらのルート希望に応じてくれましたからね。
到着したら、すぐに次のお客さんが乗ってました。。

病院に着いたので、10階にある日本人専用受付に行くことにしましょう。
それにしてもきれいな病院ですね。
喉が痛いよー・・・・


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : GRABTAXI, バンコク, 渋滞, エクセレント, 高速, 工事, バムルンラード病院,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
7日目

バムルラード病院にて、またもや治療を受けました。日本語通訳がついてくれるので安心


バムルンラード病院の10階には、
日本語専用のデスクがあります。
ここに行くと、まるで日本の病院にいるような感覚で、
日本語で受付してもらえます。


カード付帯保険で、損保ジャパンから連絡も入っており、
問題なく受付は終了。
前回の診察券も一緒に提出してるので、
とてもスムーズでした。

再びタイに行くかもという方で、万一病院に行ったら、
診察券をもらっておくのも一つの方法ですね。

受付を済ますと、15階の内科に行くようにとのこと。
ここで、エレベータで15階へ上がり、
指定のカウンターにもらった書類を出すと、
まず、体重、血圧などのチェックをしてくれます。
その後、しばらく待つようにと。
やがて、日本語の通訳の方がやって来て、
一緒に診察室へご案内となりました。

診察の結果は、
二人とも、何らかの細菌が入り込んで、
喉で炎症を起こしているとのこと。
しかしながら、そこまでひどくはないので、
薬を処方しておくので、それを飲みながら様子を見てくださいというもの。

薬をのんだら、多少改善されるでしょうと。

というわけで、
診察はあっけなく終了。
ありがとうございました。

この後は、会計に書類提出。
金額を表示されますが、キャッシュレスとわかっているので、
確認してサインするだけ。

続けて、薬局へ。
薬をもらいました。
ここは日本語不可なので、英語で説明してもらいました。

これで、診察の一連の流れは終了です。

会計のある窓からは、良い景色を見ることができました。
バムルンラードからの眺め


体調不良時には、いつも大変お世話になっております。
ありがとうございます。
バムルンラード病院には、また体調がすぐれない時は行ってしまいそうです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バムルンラード病院, キャッシュレス, バンコク, タイ, カード付帯, 旅行保険,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
7日目

センセーブ運河の水が頭から・・・運河ボートはやはりすごい乗り物でした。

バムルンラード病院の
北側にあるセンセーブ運河のボート乗り場から、
伊勢丹付近まで10分くらいで行けてしまうから、
とてもで便利ですね。

センセーブ運河は、どぶ川ですので、
水しぶきに要注意ですが・・・

しかし、バムルンラード病院から行くと、運河沿いに作られたボート乗り場は、
見落としてしまいそうな場所にあります。
タイ人の利用がほとんどですね。
結構、通勤の足として利用されている模様。

運河ボートの乗り場で待つこと10分。
逆方向のボートは来ますが、伊勢丹方面は来ません。
来ても、回送状態でお客さん乗ってないまま通過していきます。
センセーブ運河ボート


しかし、他のタイ人も、プラトゥーナム方面に待っている人が多数いるので、
運航終了というわけではなさそうです。
回送ボートが2隻ほど通過後、ようやくやって来ました。
しかし満員。
接岸後、何とか身体を滑り込ませて、船内へ。
このあたりは、多少テクニック必要かも。

この船は真ん中あたりが、立って乗るところで、
前後にベンチのイスが並んでいます。
イスは真ん中に座ってしまうと、降りようと思ったら、他の人にどいてもらわないとだめな仕組み。

切符は、船の縁を救命胴衣を着た係員が張られたワイヤーに捕まりながら伝って来て、
行先告げて購入。
彼らは、そこで運賃の収受をするんですから、大したものです。
よく落っこちたりしないもんですね。
落ちてもいいように救命胴衣つけてますが、
この汚いどぶ川には落ちたいとは思わないでしょうね・・

走り出すと、水しぶきが上がるので、
横のシートを引っ張り上げて、そいつで水しぶきから体を守るのですが、
今回は、上げ方が少々少なかったのか、そのシートの上を不幸にも水が越えてきて・・・
頭と顔にかかっちゃいました。。。

この汚いセンセーブ運河の水がですよ・・・
かなりブルーな気分になります・・・
おそらく生活排水垂れ流しの運河の水に違いありませんよ。。。

それにしても、こんなボートで毎日通勤してるタイ人ってすごいですね。
朝から、この水かぶったら、会社には行きたくなくなりますよね。
いやあ、運河ボートってよく考えるとすごい乗り物だなって、改めて思った次第です。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : センセーブ運河, 運河ボート, 通勤, バムルンラード病院, 乗り場, ボート, 水しぶき, プラトゥーナム,