私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2011年6月

かなり久しぶりのタイランド。
喜び勇んで入国となりました。
実はスワンナプームからの入国は初めてなのでした。
インドからの帰り道ですので、バンコク到着したのは早朝でした。
バンガロールから乗ってきたのですが、とても飛行機が揺れたので、
やや疲労気味での入国審査となりました。
しかし、別段何を聞かれるわけでもなく、あっさりとスタンプが押されました。

今日はアーリーチェックインで予約してある、
バンコク市内のザヘリテージバンコクホテルへ向かいます。
場所はBTSチョンノンシー駅の目の前になるので、
エアポートレールリンクでパヤタイ駅まで行き、
BTSに乗り換え、さらにサイアム駅でBTSシーロム線に乗り換えてチョンノンシー駅へ。
という手順です。

空港内の表示に従って、スワンナプーム空港の地下に降りていくと、
エアポートレールの駅がありました。
各駅停車のシティラインと、特急のエクスプレスに分かれていますが、
値段の違いに驚かされます。
シティラインは45バーツに対し、エクスプレスは150バーツ。なんと3倍の差です。
とりあえずシティラインに乗ってみました。
所要時間もシティラインはパヤタイまで30分もしないので、安い方で十分でしょう。

地下ホームにやって来たシティラインの車両は、ドイツのシーメンス社製の車両。
内装は、BTSと同じような感じで、座席も固いベンチのような椅子です。クッション性はありません。
エクスプレスだと、荷物置き場がちゃんとあったり、クロスシートだったりと、もう少しましな車両になるようです。

空港を出発した時はガラガラに空いていたのですが、
次のラートクラバン駅で大量の乗客が乗り込んできて、一気に車内はラッシュの様相になりました。
あまりの乗客の多さに、シティラインは空港だけでなく、地元の足として機能していることが伺えます。
次々に停まる駅で乗客は増えていき、パヤタイまではかなりの数になりました。
エアポートレイルリンクは、通勤や生活路線の役割も果たしていたのですね。
これなら、エクスプレスに乗った方が、混雑は避けられるかもしれません。
パヤタイやまマッカサンまでノンストップですからね。
パヤタイならBTSに接続できますが、マッカサンだと結局はホテルまでタクシーになったりするので、
空港からタクシー利用で市内に入るよりも高く付いたりすることもあります。
十分に検討して利用しましょう。
なお、エアポートバスは2011年5月で廃止になった模様です。

エアポートレイルリンクは、ずっと高架を走行しているので、車窓からの眺めもいいです。
スワンナプームから初めて入国したんですが、
この車両から見る景色も十分バンコクに来たんだなあということを実感させてくれますね。
ドンムアン空港からのエアポートバスで走る高速道路からの眺めと、どこかリンクするところがあって、
懐かしさと共に、新鮮さも覚えるという不思議な感覚でした。

パヤタイ駅でBTSに乗り換えです。




関連タグ : エアポートレイルリンク, バンコク, スワンナプーム, BTS,

2011年6月

エアポートレイルリンクが、普段の交通の足として機能していることは、
ラートクラバンからのかなりの混雑度合でわかりました。
で、パヤタイでBTSに乗り換える人もかなりの数です。
ほとんどの人が乗り換えているような印象を受けました。

我々も連絡通路を通って、BTSに乗り換えて、チョンノンシーへ向かいます。
BTSもまたけっこう混雑していて、
こんなに混んでいたっけ?と思いつつ、2駅先のサイアムまで運ばれました。
ここで、シーロム線に乗り換えです。

久しぶりにBTSに乗った印象は、
こんなに混雑していたっけ?というのと、
車内にテレビが配置されて、広告の案内やらを放映していて、
ふと周りの乗客を見てみると、お洒落な格好をしたタイ人も居たりして、
これは東京の山手線の車内か??と勘違いしたくなるような、
ここは本当にタイランド?と疑いたくなるような、
そんな感じでした。
5年間来なかったから余計にそう感じるのでしょう。それも勝手に。

シーロム線の車両は4両編成で、若干空いたような感じ。
スクンヴィット線は3両編成だから、混んでいたのでしょうか。
これだけの乗客がいるのだから3両編成では、需要に対応しきれてないのでは・・・
とは言っても、ここはタイですから、
そう簡単に増結して4両化ということにはならないと思いますが、
またタイらしくて、そんなところが好きなんですけどね。

久しぶりに見るバンコクの景色を楽しみ、
車内の異常なくらいに効いた冷房で体が冷え切った頃に、
目的地のチョンノンシー駅に着きました。

アーリーチェックインで予約してある、
ザ・ヘリテイジ・バンコクにチェックインです。
駅の目の前ですから、とても楽です。
空港を出発してからここまで、約50分くらいでしょうか。



関連タグ : バンコク, BTS, チョンノンシー, ザ・ヘリテイジ・バンコク,

2011年6月

実に5年ぶりという久しぶりのバンコクにやって来て感じたのは、
かなり都会になったなあという感覚ですね。
2006年時点でもかなり都会で、居心地がよいと思っていたんですが、
さらに都会の度合いが増したという感覚を持ちました。

というのも、ホテルを出てBTSに乗ってシーロムに向かったんですが、
BTS車内に乗っている客層も、
ぱっと見ただけでは、日本人なのかタイ人なのか、中国人なのか、
全く見当が付かないことが多くなったということでしょうか。
もちろんこれは個人的な感覚なので、見方や感じ方には個人差があると思いますが、
私はそんな印象を受けたんですね。
だって、着ている物とか、持っているカバンとかもお洒落なものが多くて、
おまけに美白なんですから・・・

おかげで、何回もタイ人と思っていたら日本人だったり(言葉で判断しました)、
日本人だなあと思っていたらタイ人だったりと、
よくわからない状況になってきたなあと感じたものです。
これはもしかしたら、東京を超えているのかもしれないと思いましたね。
とても感心したものです。

この5年間でまたかなりのハイスピードで、発展したのでしょう。
物価も上がった気もしますが、
まだまだ日本人の感覚からすると安いので、いろいろなことが十分楽しめますし、
そういう点ではバンコクらしさも依然として残っていますから、ホッとしたものです。

バンコクがどんどん都会化して発展していくのは、
タイ好きな人間として、とても嬉しいことなのですが、
その反面に何か物悲しさを感じてしまうのでした。
まったく勝手なものですね。

それにしても、屋台はタイの文化でありますから、
ザ・ヘリテージバンコクホテルの近くの屋台街のバミーは美味しかったです。
屋台の味は健在で、これぞタイの醍醐味ですので、まずはこれを食べることができて、一安心といったところです。


関連タグ : バンコク, バミー, BTS, ザ・ヘリテージバンコクホテル,

2011年6月

インドからの帰りのバンコク滞在は、あっという間に過ぎていきました。
気が付けば本日の夜にバンコクを離れて日本へ帰らなければなりません。
あー寂しい。
などと考えながら、この日はバンコクの町に繰り出して、買い物三昧です。
お土産などいろいろ買いました。

お土産などで、何にしようかと困ったらとりあえずチョコレートがおすすめです。
バンコクやタイの絵柄や写真が入っていて、箱に入っているやつです。
よく空港の免税店で見かけますが、空港で買うと高いので、可能であるならば、
街中のデパート食料品売り場などで買うと若干安いのです。
できるだけ節約したい方はどうぞ。

他にはお菓子類などは、Big Cなどのスーパーに行くと、地元向けのいろいろな品々が並んでいますので、
じっくり検討して買っていくと喜ばれたりします。
値段も地元向けだけあってかなり安く済みますからね。

と、お土産の話になってしまいましたが、
そんな風に大量に購入したお土産を部屋に持ち帰り、
えっさえっさとパッキングです。
部屋は、The Heritage Bangkokをレイトチェックアウトで予約してあり、
当日に再度確認したところOKでしたので、18時まで部屋を使用可能となり、パッキングも樂々です。
当日にならないと18時まで使用できるかわからないとのことでしたが、
どうやらお金を1泊分の半額払えば可能のような雰囲気もありました。
当日の運次第ということになりましょうか。
ただ、12時のチェックアウトの段階で、
カードキーのデータが変更されていてちょっと困ったことがあったんですが、
まあ何とかなりました。
帰りは深夜便ですので、こうして18時まで部屋を使えるとなると、かなり助かるのです。

18時ちょうどにチェックアウトしたものの、まだまだ時間はあるので、
近くにあるDEAN&DELUCAに行ってみることにしました。
チョンノンシー駅に入るような感じで道の反対側に渡るとすぐに見えてきます。
ビルの1階です。
内装はもう日本と変わらない状態で、ここはどこ?本当にバンコク
と思ってしまいました。
出入りするタイ人も、お洒落な感じでしたし、
こちらに在住と思われる日本人の方もいましたから、
もうここは日本なのか?と錯覚してしまいそうになります。
日本と変わらないカフェを飲みつつ、外を眺め、
また、タイは発展したなあ・・・と改めて感心したのでありました。


関連タグ : DEAN&DELUCA, バンコク, TheHeritageBangkok, お土産,

2013年3月

福岡から乗ったタイ航空649便は、再び沖縄の上空を飛び越して、
タイへ向かいます。
機内食も1回出ましたが、
映画「クラウドアトラス」があったので、
この3時間近い映画を見ていると、飛行時間の半分は過ごせました。
映画の内容については、深い話になるので、
沖縄に移住してみたいまずは旅からのもう一つのブログの方で、
紹介することにしましょうか。
TGアイス

大した揺れもなく順調に飛行を続けた649便は、
下にタイの大地を見下ろしながら、スワンナプームを目指します。
空港が、このスワンナプームに変わって、もう7年近くになるのですが、
今でも旧ドンムアン空港は、LCCの航空会社が使用しているので、
それらに乗る機会があれば、懐かしいドンムアン空港に降りることもできます。
TG649moniter


我々の世代で、タイ好きの方はきっと、
ドンムアン空港に愛着があるのではないでしょうか。
降り立った瞬間の、あの何ともいえないタイの香りのする空港という
イメージですね。

そんな昔の話を思い出しているうちに、
スワンナプーム空港に到着しました。

ターミナルには横付けされず、
沖止めとなった飛行機からは、バスでターミナルに運ばれます。
飛行機を降りると、あのムワッとした空気が身体にまとわりつき、
「ああ、タイにやって来た」と実感できますね。

さて、ここから乗り継いでチェンマイに向かうことになるのですが、
タイ航空で来て、タイ航空の国内線に乗り換えるとなったら、
専用の入国カウンターあるとのこと。
そこを通り抜ければ、空港内の国内線エリアに出れるようです。
荷物を預けた人は、荷物はチェンマイで受け取るようです。
我々は身軽にかばん1つですから、荷物は問題なし。
入国審査をしてチェンマイでどうなるか、非常に楽しみですね。

次回は、この国内線乗り継ぎ専用の入国カウンターについて書きましょう。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : TG, バンコク, スワンナプーム, ドンムアン, チェンマイ,

2013年3月

クリスピークリームドーナツを食べて、満足したため、
国内線のチェンマイ行きに乗り遅れるところでしたが、
何とか間に合いました。
もう、のんびりモードに入っている私たちは、出発時間が迫っているにもかかわず、
慌てる気配なし・・・
いつなら、しっかりとおこなう何番ゲートかのチェックも忘れがちで、
どこまでダレてるんだろうか・・・?

ようやく、タイ航空TG116便の国内線出発ゲートに行ってみると、
バスゲートでした。すでに搭乗は開始というか、バスに案内中の様子。
搭乗橋からのゲートではなくて、バスにて飛行機のところまで案内されるようです。
個人的には、バスゲートは好きなんですけどね。
何故かって、飛行機を間近に見れるからです。
飛行機オタ?には、たまらないのです。

出発は17時20分でしたが、
なんだかんだと、17時過ぎにバスにて飛行機に案内されました。
TG116便の機材は、なんとボーイング747-400ではないですか。
予約時に、この機材とわかってはいたのですが、
機材変更も多いと聞くタイ航空ですから、何が来るのかとも思っていましたが、
やはり747-400でしたね。
TG116747400


日本では一昔前まで、日本航空や全日空が主力機材として導入していて、
幹線はほとんど、この747-400ばかりでしたからね。
飽きるほど乗りましたが、
今となっては、日本ではほとんど見られなくなってしまいました。
タイ航空ではまだ現役の飛行機で、日本にもよく飛来したりしますね。

思わず写真をパチリ。
隣に駐機していた、Happy airのSaab340もパチリ。
HPYSaab340

Happy airは、バンコク-ラノーンに路線があるようですね。
乗ってみたいものです。

さて、いよいよ、チェンマイ行き116便がスポットを離れて滑走路へ向かいます。
バンコクには、また1週間ほどで戻ってきますので、
まずはチェンマイを味わうとしますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : Happyair, TG, クリスピークリームドーナツ, チェンマイ, バンコク,

2013年4月
チェンマイ7日目

いよいよチェンマイ最終日です。
残りの4泊はバンコクに宿泊予定。
今日は、タイ航空にてバンコクへ移動します。

hoshihanaからは、タクシーにてチェンマイ空港へ移動予定。
10時にタクシーをお願いしておきました。

朝は少しだけ早起きしました。
昨晩も、いろいろな聞いたことのない動物の鳴き声や、
鳥や虫の声などを聞きながら眠りに落ちました。
自然の音楽を聞きながら眠りに入るのは、
何だかとっても癒される感じがして、リフレッシュされました。

1週間もここに泊まっていたら、
元の世界に戻れなくなることは、間違いなし。
後から聞いた話では、
hoshihanaVillageは、社会復帰の難しい宿といわれているそうな・・・

朝ごはんを食べてから、
少しの間、プールでの時間を過ごします。
朝めしホシハナ

あーあ。もう少し居たいよ~・・・

時間は無常にも過ぎ去りまして、
あっという間に出発の時刻になってしまったのでした。

支払を済ませ、荷物確認して、
また来ることを宣言して、
タクシーに乗り込みました。

バイバイ、hoshihanavillage、お世話になりました。
きっとまた来るでしょう。

タクシーは、運河沿いの道を80キロくらいのスピードでかっ飛ばし、
ものの20分ほどで、空港まで送り届けてくれました。
この感じだと、ハンドンはチェンマイの市街地からは、
思っていたより遠くはないのですね。

次回は、空港からhoshihanaへ直行するとしますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : hoshihanavillage, チェンマイ空港, バンコク, タクシー,

2013年4月
チェンマイ7日目

さて、いよいよ飛行機に乗り込みます。
チェンマイを離れる時が来ました。

タイ航空TG105便の搭乗案内が始まっています。
ボーディングパスを握り締め、
セキュリティーチェックを受けて、いざ飛行機へ。

飛行機はエアバスA300-600です。
おお、懐かしい機体ではないですか。
昔日本でもJASが使ってましたね。
タイ航空105


座席は、特にリクエストもしなかったので、
後方の通路側になりました。
周囲は空いていたので、ラッキー。
広々と使うことができました。

飛行時間は、55分とのこと。
タイ語と英語の案内のみでした。そりゃそうか。
特に激しく揺れることもなく、順調に飛行してバンコクへ。
コーヒーと軽食のサービスもあって、
タイ航空は流石っす。

定刻よりも10分早くドアクローズしたので、
バンコクスワンナプーム空港にも、早めの着陸です。

しかし、スワンナプームの特徴として、
荷物がターンテーブルに出てくるのが遅いというのがあります。
今回も、20分くらいは待ちましたかね。
まあ、タイ時間ということで、このくらいは許容範囲でしょう。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タイ航空, エアバス, TG105, A300-600, ドアクローズ, スワンナプーム, バンコク,

2013年4月
バンコク1日目(旅行自体7日目)

フォーポインツ・バイ・シェラトンのスタッフの善意によって、
ホテルの中を通過して、
ソイ17からソイ15へ移動し、
ようやく、ドリームバンコクホテルへチェックインです。

最近バンコクで流行の、
ブティックホテルとあって、
フロント周りは、ワットを模したオブジェなどが置かれていて、
ちょっと変わった雰囲気です。

agodaからの予約なので、プリントアウトしたバウチャーを提示し、
部屋のキーをもらいました。
かざすだけで開錠するカードキーのシステムです。

部屋自体は、それほど広くはないものの、
設備は整っているので、
バンコクの街を歩き回って、戻って寝るだけなら、
もう十分すぎるくらいですね。

ただ、シャワールームのシャワーが固定式なのが、ちょっと痛いです。

ドリーム内部
幻想的な光が面白い廊下。

さて、荷物を置いたら、
久しぶりのバンコクの繁華街に繰り出すとしますか。
ここは、スクンビットのソイ15です。
BTSに乗って、まずは大ショッピング街のサイアムへ。
このホテルも駅までは徒歩で5分ほどだから、便利ですね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ドリームバンコク, バンコク, 伊勢丹, BTS,

2013年4月
バンコク1日目(旅行自体は7日目)

BTS伊勢丹周辺のショッピングモールに出てみますと、
この写真の通りです。
町並み

この写真は、いつもバンコクに来ると写している気もしますが、
いつも渋滞していて、すごい車の数です。
変わったことといえば、
車が以前に比べると新しいのが増えたなという感じです。
タクシーに新しい車、それもカラフルな色の車が増えたから、
そんな風に感じるのかもしれませんがね。

パパッと買い物したり、
いろいろなものを見たりしているうちに、
あっという間に時間は夜に。

晩御飯は、伊勢丹向いのBigCに入っている、
MKレストランです。
タイスキのお店です。

タイスキといっても、要はナベです。
目の前にある鍋に具を入れて煮て食べるだけですから、簡単です。
暑い時期にエアコンの効いた室内で食べる鍋。
また、ここのMKレストランのタレが美味しいのです。
MK美味しい2


ちょっとピリ辛なタレに、
肉、ツミレ、野菜、豆腐、揚ちゃん、えび、などの具を煮込んで食べ、
最後は雑炊にして〆る。
なんだか日本に居るみたいですね。
MK美味しい


そういえば、MKレストランは日本にも進出してると聞きました。
日本でも行ってみたいなあ。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : MKレストラン, タイスキ, 伊勢丹, BTS, バンコク, タクシー,