私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年2月21日

ブログの更新が止まってしまった、
Tripuncleの店主ですが、
なんと寝込んでいました。

インフルエンザではなかったので、助かりましたが、
風邪をこじらせたのか、
喉の奥の炎症で声が出ず⇒発熱(38度)⇒病院行き点滴⇒咳で声出ず⇒朝起きたら喉の痛み
こんな感じで病状が進行しております。
頭も、ぼーっとするのでブログを更新できませんでした。

さて、ようやく治り掛けてきたのと、
タイへの買い付けの旅出発が来週へと迫ってきましたので、
そろそろ復活せねばと、気合で今日は書いています。

そこで、ふと思ったので、
今日の題材は、「旅行する時には、旅行保険には加入しておいたほうがいいのか?」
というよく受け付ける質問に答えてみます。

答えは、
「はい、必ず入ってください」と答えるようにしています。

というもの、海外だと体調を崩すことが意外と多いからです。
移動で疲れた身体が、慣れない環境や食事、水に順応するまでにびっくりしちゃうことが多いです。
で、急に発熱したりすることはよくあることです。

ここで、保険に加入しておけば、
1銭もかからずに、現地の病院で治療を受けることも可能です。
保険活用した場合には、立替払いになるのが普通ですが、
キャッシュレスでできる病院もあるので、必ず確認してみてくださいね。

私は、過去にバンコクで、
何度も病院のお世話になりました。
当然、旅行保険を活用して、1円も現地では支払っていません。
そのたびに、「加入していてよかったあ・・・」と胸を撫で下ろしたものですよ。

現在は、
カードに付帯する旅行保険も増えてきましたが、
カード付帯の場合は、
・金額が少ない
・肝心な病気・疾病での支払いがない
・カードで旅費を払わないと、保険が適用されない
などなどの制約があるかもしれません。
自分の持ってるクレジットカードをよく確認して、
わからなければ、コールセンターに問い合わせてみてくださいね。
後からではどうしようもないので・・・

もう少し、旅行保険について、
次回に書きます。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 旅行保険, バンコク, 病院, 無料, カード, Tripuncle,

2016年2月22日

まだ、風邪の症状が抜けきらず、
いまひとつな感じでしたので、
今日は、街の病院に行き、点滴を打ち込んでもらいました。
病院は、とても混雑してました。
インフルエンザも流行してるので、注意が必要ですね。

点滴のおかげで、かなり楽にはなりましたが、
来週半ばにタイへの買い付けの旅を控えてるので、
一刻も早く治して、体調万全で望みたいものです。

さて、旅行保険の加入のすすめ、その2ですが、
現地に着いてから、病気になることって結構多いんですよ。

数時間前まではなんとも無かったのに、突然の体調不良で、
下痢、嘔吐、発熱でダウンなんて経験は自分もあります。
あれは、移動中でかなりきつかったですけれどね。

また、同行者と同じ物を食べていて、
自分だけが何故かダウンということも、経験しました。

そんなかんだで、
旅行保険の項目の中では、
疾病治療という項目の保険料が一番高く設定されてるんですね。
だって、一番使用する可能性が高いから。

ですので、ここはケチらずに、しっかりと保険金が下りるものに加入しておきましょう。

今の世の中は、便利になったもので、
簡単にインターネット上で契約が結べてしまうので、
旅行の前日に気が付いても、加入間に合います。
大きな空港からの出発なら、空港で入ることもできます。

ケチらずに。
キャッシュレスサービスは使えるか??
疾病治療の金額は十分か?
に気をつけて加入しましょうね。

携行品の損害や、飛行機が遅延したり、飛行機の預け荷物が遅れたりした時に、
何らかの保証がされるタイプの保険も特約として付けられるので、
いろいろ検討してみると面白いですよ。

まあ、安全に何事もなく旅行に行って帰ってくればよいのですが、
万一に備えるのが保険です。

今回、久々風邪でダウンして、
「これが旅行中で、保険加入してなかったら、結構な出費だな・・・」
と何故か、考えてしまいましたので、
旅行保険の加入について書いてみたわけです。






Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : 疾病治療, 旅行保険, 発熱, キャッシュレス, 保険, 空港,

2016年3月
タイへ
5日目

朝食の後は、
ArteHouseの部屋をチェックアウトするため、整理。
Expediaなどの書き込みでは、
部屋が狭いというものもありましたが、
この部屋は狭いと言えば狭いですが、
荷物を展開できないわけではないので、
困ることはありませんでした。
過度に広いと言うわけではないので、誤解なきように。
Artehouse3


さて、
ここで、トラブル発生。
連れの指が腫上がっています。
沖縄を出て、台湾に着いたあたりから違和感を感じていたみたいですが、
タイに着くと違和感が増し、指が膨れ上がって、
中に膿が溜まっているという風にも見えます。

どこか台湾かバンコク辺りで、菌が増殖したんでしょうか。
とにかく夜も痛そうにしていたので、
破傷風とか怖いので、病院で診てもらうことにしました。
しかし、買い付け魂はすごいです・・・・

これはヤバイねということで、損保ジャパン日本興亜のコールセンターに電話したんですが、
私は、タイの携帯を持っているので、そこからフリーダイヤルに発信してるのですが、
なぜかつながらず、あきらめて有料のタイセンターに連絡しました。

すると、あちらも気が付いて、
コールバックしてきてくれました。
さすが・・・・

連れに電話を代わり、
本人から詳しく事情や病状を説明して、
保険会社からの指示に従いますが、
チェンマイラム病院がキャッシュレスサービスを行っているということで、
そこをリクエストして、本日の午後に行くことになりました。
時間は、特に指定はないようです。

旅行保険に加入していたおかげで、
病院の予約もできて、しかもキャッシュレスで、お金もかからないとなると、
こうゆう時は良いことづくめですね。
本人は指の違和感で、痛くてどうしようもないわけで、
良いわけではないかもしれませんが・・・

というわけで、買い付けモードから一転、
病院へ行くことになってしまったんですが、
本日は、宿もチェンジで、
リンピンビレッジへ移動しないといけません。

先にリンピンビレッジにチェックインしてから、
チェンマイラム病院へ行くことにしますか。
痛いのは、少し我慢してね・・・

つづく

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ArteHouse, チェンマイ, チェンマイラム病院, リンピンビレッジ, 旅行保険, コールセンター, 損保ジャパン日本興亜,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
7日目

バムルラード病院にて、またもや治療を受けました。日本語通訳がついてくれるので安心


バムルンラード病院の10階には、
日本語専用のデスクがあります。
ここに行くと、まるで日本の病院にいるような感覚で、
日本語で受付してもらえます。


カード付帯保険で、損保ジャパンから連絡も入っており、
問題なく受付は終了。
前回の診察券も一緒に提出してるので、
とてもスムーズでした。

再びタイに行くかもという方で、万一病院に行ったら、
診察券をもらっておくのも一つの方法ですね。

受付を済ますと、15階の内科に行くようにとのこと。
ここで、エレベータで15階へ上がり、
指定のカウンターにもらった書類を出すと、
まず、体重、血圧などのチェックをしてくれます。
その後、しばらく待つようにと。
やがて、日本語の通訳の方がやって来て、
一緒に診察室へご案内となりました。

診察の結果は、
二人とも、何らかの細菌が入り込んで、
喉で炎症を起こしているとのこと。
しかしながら、そこまでひどくはないので、
薬を処方しておくので、それを飲みながら様子を見てくださいというもの。

薬をのんだら、多少改善されるでしょうと。

というわけで、
診察はあっけなく終了。
ありがとうございました。

この後は、会計に書類提出。
金額を表示されますが、キャッシュレスとわかっているので、
確認してサインするだけ。

続けて、薬局へ。
薬をもらいました。
ここは日本語不可なので、英語で説明してもらいました。

これで、診察の一連の流れは終了です。

会計のある窓からは、良い景色を見ることができました。
バムルンラードからの眺め


体調不良時には、いつも大変お世話になっております。
ありがとうございます。
バムルンラード病院には、また体調がすぐれない時は行ってしまいそうです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バムルンラード病院, キャッシュレス, バンコク, タイ, カード付帯, 旅行保険,

2017年6月
6月のタイへの仕入れ バンコクのみ
6日目


ピーチMM990は時間通りに沖縄へ。搭乗率は7割くらいか


ほぼ定刻にゲートを離れた、
ピーチ990便の沖縄那覇行きですが、
搭乗率は7割程度でしょうか。
スワンナプーム空港の鬼

タイ人の沖縄ブームって、もう終わっちゃったのかな。
にしては、早いような感じもしてますがね。

飛行はいたって順調でした。
沖縄までは、4時間くらいだったでしょうか。
途中で夜が明けまして、だんだん明るくなる機内。

ほとんどの人が眠ってましたけれど、
やはりタイ人が多いのでしょうかね。

シートピッチの狭さを考えると、
4時間くらいで限界でしょうか。
ほとんど体も垂直なので、熟眠というわけにはいかないですね。
眠って起きると、身体が固まってる感じですね。
もう年齢が・・・

それでも、セール運賃で、
片道4590円くらいでゲットしてるんですから、
ありがたい限りですね。
仕入にはとても助かるピーチなのです。

冬スケジュールも、
沖縄-バンコクは、3月までの運航は決まったようですが、
できるだけ永く、運航してもらいたいものですね。

那覇空港には、定刻から少し遅れて、
8:34頃に着陸。

手荷物を受け取るのを待っていたのですが、
ターンテーブルではなく、
いつも通りドアの向こうから現れたトランクを見て、
ん?何かが違う??
げっ、壊れてる??
ハンドルが見事に壊れて、ボタンを押しても出てこない状況になってました( ;∀;)

係員にすぐに申告するも、
「LCCですので保証はございません」とのこと。

ありゃりゃ、購入したばかりの、
トランクさん、壊れてしまったんですね。

まあ仕方がないか・・・と、
クレジットカードド付帯の旅行保険を使って直すことにしました。

続きは、また。
沖縄に戻っても、まだまだ旅の続きはあったのでした・・・


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : トランク, 壊れた, ピーチ, LCC, クレジットカード, 付帯, 旅行保険,

2017年6月
6月のタイへの仕入れ バンコクのみ
6日目


ピーチに預けたトランクが破損・・・LCCなので保証なし。クレジットカード付帯の旅行保険で修理

最後にトランクが壊れていたのは、
正直ショックでしたね。
まだ、4回目のご旅行でしたので・・・

で、クレジットカード付帯の旅行保険の電話番号に電話します。
状況を説明すると、
自己負担額(免責)3000円で修理可能とのこと。
ただし、上限金額は時価額となるとのことでした。
これは、購入後1年もしてないので大丈夫でしょう。

今後の手続きとしては、2パターン。

1保険会社にすべて任せて、トランクを送り、指定の工場で修理する

2自分で購入店などに連絡して手配して、修理完了後に、修理金額を請求する

の2パターンを提示され、
2の自力でやるパターンを選択しました。

購入店に連絡すると、
直接サムソナイトの修理センターに連絡するようにと。
持って来られても、修理はできないので・・・お手数をかけますとのこと。

で、結局サムソナイトの修理センターに連絡し、
何日後かに、ゆうパックが集荷に来るので、
そのまま引き渡して、センターに移送し、見積もりしてから修理へという流れ。

結局、ゆうパックに引き渡して、
手元に戻って来るまで、入院は1か月くらいでしたかね。

ハンドル部分はPUハンドルというのだそうで、
少し色が変わったけれど、元通りに直って来ました。

この部分に強い衝撃があると、
カバーが割れて破損し、
レバーを押してもハンドルがロックされたままになってしまうんでしょうね。

バンコクで積み込み時か、沖縄で降ろす時にそうなったのでしょう。

念のため、LCCのピーチにもメールで問い合わせしてみましたが
やはりこのケースは、修理の保証はできないとのことでした。
その代わり、破損証明書を発行してくれました。

皆さんもLCCに荷物を預ける時は、
こんなことも起こり得るということを念頭に置いて、
保険などに入っておくことをお勧めしますよ。

今回は、12,000円くらいの修理代金でしたので、
3000円の免責ということで、
無事、およそ9,000円をもらうことができました。
保険の加入があってよかったです。

古いトランクだと、時価額になるので、
このあたりは保険会社によく確認した方がいいですね。

壊れたトランク201707


これで、2017年6月のタイ仕入の旅行記を終わります。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : トランク, 破損, 修理, 入院, 旅行保険, クレジットカード, 付帯, ピーチ, ,