私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2011年6月
南インド1日目

バンコクから3時間と少し。
いよいよチェンナイの街の明かりが見えてきました。
飛行機が、夜の暗いチェンナイの街の上空を少し飛び、
これまた薄暗いチェンナイの国際空港に着陸しました。
インドの街はやはり暗いのですね・・・
というか日本の街が明るすぎるのですね。きっと。
この暗さというものが、ある意味通常の夜といえましょう。

飛行機はバスゲートではなくて、ブリッジに繋がれ、いよいよ上陸です。
それにしても、この飛行機は、バンコクからインド人の乗客が9割を占めているので、
スワンナプームの搭乗口からすでにインドの旅は開始されていたのも同然なんですね。
飛行機を待ってる時から、もうインド人に囲まれていましたから。

座席は前の方を確保していたので、
ドアが開くと同時に飛行機から降りて、早速入国審査へ向かいました。
それでも、他のインド人に追い抜かれてしまい(インド人は素早い??)、
入国審査の列に並んだころには、前に15人くらい居ました。
他の便も到着したんでしょうか・・おかしいな・・・と思いながら入国審査を待ちます。

ゆっくりと列は進み、やっと自分の番が来ました。
入国カードのホテルを確認されただけで、あっさりとパス。
「意外と手際いいのね」というのが印象です。

その後、トーマスクックのカウンターで両替です。
ここはレートが悪い・・・1ドル=38.5ルピーだって。
他のとこだと1ドル=41か良ければ43はあったんですが、まあ空港でここしかないから仕方がありません。
カウンターのオヤジにちょろまかされないように、
50ドル分をしっかりと確認しました。ゆっくり数えて、しっかり確認。
そして、小さなお札に変えてもらうことも忘れずに言いましたが、
あんまり小さなものは数がないとかで、あんまり小さくはならなかったです。
インドは慢性的に小銭が不足しているので、どんどん大きいお金から使っていくのがコツです。

さて、問題の予約してあるホテルへのアクセスです。
空港の建物からの出口のすぐそばにプリペイドタクシーのカウンターがあったんですが、
怪しそうだったので、警備員のインド人に聞くと「ここしかない」とのこと。
仕方なく、怪しいインド人が一人で座っているカウンターで、ホテル名と地名を言うと、
370ルピーとの返事。高いなあとも思ったが時間も遅いしなあ・・・

これまた仕方なくOKし、370払うとチケットくれました。
出て左へ行けと、そこにタクシーが居るからだって・・・・
言われたとおりに、空港の建物を出て左の方向へ歩いていくと、またカウンターがありました。
やっとタクシーに乗れそうですが、この続きはまた次回。


関連タグ : チェンナイ, 空港, プリペイドタクシー,

2011年6月
南インド7日目

トリヴァンドラムからのIndigoのフライトは、
何と15分もフライング出発をしました。
インドの格安航空会社ですから、遅れるのかもなあ・・・
なんて思っていましたが、定刻どころか早目に出発したんですから、正直驚きましたね。

Indigoの機体はエアバスのA320。
この機体は世界的によく見かける機体ですね。
Indigoが新規に発注したのかはわかりませんが、真新しい機体でした。
ただ、座席の間隔が狭いので、飛行時間の短い国内線ならまだしも、
国際線でこの機体を使用して3時間以上となると、どうなんでしょうか。
前の人がリクライニングしてきたら、もう狭すぎますよ・・。
機内食を食べるのが大変になってしまったりして。

またフライトアテンダントの格好も、レトロな雰囲気。
帽子がまたレトロ感を助長していて、面白いなあと思っていたんですが、
飛行機が上空に舞い上がると、何故か帽子を脱いでしまいました。
やはり機内では邪魔になるのでしょうか・・・。

トリヴァンドラム空港は、トラフィックがそれほど多くないのか、
あっという間に滑走路から飛び立ち、バンガロールへ進路をとります。
下界は分厚い雲に覆われて全く見えず。
雲の上の飛行が続きます。
乗客はほとんどがインド人で、外国人は我々だけ?

1時間ほど、快適な飛行を続け降下を開始したものの、相変わらず雲の中。
雲を抜け出した時には下界が見えたものの、街明かりは見えず・・・
バンガロールの町をはっきりと視認できないまま、滑走路にタッチダウンしました。

バンガロール空港は、2008年に新しい空港に生まれ変わり、市内から40キロも離れてしまいました。
しかし新しい空港とあって、設備は綺麗です。建物も近代的。
Indigoの機体はターミナルにはブリッジで接続せず、
やや離れた場所に駐機して、バスでターミナルへ向かうことになりました。

ターミナル内はいたって綺麗でした。空調も完璧。
到着ロビーに出てみると、これはもう都会の空港といった風情で、
今までインドの田舎を旅してきた我々を現実に引き戻してくれました。
だって、CITIバンクのキャッシュコーナーまであるんですから・・・
さすがはインドのシリコンバレーです。

さて、ここからタクシーで市内へ向かいますが、続きは次回です。

(つづく)



関連タグ : Indigo, バンガロール, 空港,

2011年6月
南インド8日目

南インドの旅も終わりが近づきました。
最後の地点である、バンガロール国際空港に着きました。
またの名をベンガルール国際空港
2008年に市内の北40キロほどの地点に移転したようです。
それまでは市内に空港があったので利便性はよかったみたいですが、
空港自体が手狭になり、移転されたようです。
旅行者にとっては、不便になったということでしょうか。
現在は、エアポートバスで1時間はかかりますからね。渋滞していたらもっとでしょう。

エアポートバスの車掌は、インド人にしては珍しく、
お釣りを間違えて多く渡してきました。
2人で330ルピーで400ルピー払って70ルピーのお釣りなのに、170寄こしてきました。
というのも、車内に手持ちの釣り銭がないようで、到着後に慌てて両替してきたので、
焦って170渡してきたというわけですね。
何だか申し訳ないので、ちゃんとした釣り銭をもらいましたけど・・・

それにしてもきれいな空港でした。
そして近代的な建物ですので、インドに居ることも忘れてしまいそうです。

飛行機の出発は、日付の変わった0時20分のため、
チェックインは前日(つまり今日)の22時20分くらいからでしょう。
余裕を取りすぎたため、21時には空港に到着してしまったので、
かなり時間をもてあますことになりました。

空港の中に入ると、もう表に出ることはできないのですが、
表に居ても仕方がないので、中に入りました。
ここでもEチケットの控えを提示しなければなりません。
だんだん段階的にインドから離れていくことになりますね。

空港内は快適なのですが、カフェなどの少し休憩できる場所が少ないのが難点でしょうか。
1つ見つけたカフェで休憩しながら、
空港を行き交う人々を眺めつつ、残りのインドの滞在時間を過ごしました。
さすがにバンガロールは日本企業も多く進出しているようで、
駐在と思われる日本人の姿もちらほら見かけました。
ほとんどがシンガポール航空を利用しているようでした。

我々のタイ航空もチェックインが始まりました。
どうやら定刻での運航のようです。
チェックインを済ませ、出国とセキュリティを済ませ、インドとはお別れです。
名残惜しいですね。本当に・・・・

次回で今回の南インド旅行の総括でも書きます。

(まだ続く)


関連タグ : バンガロール, ベンガルール, 空港, タイ航空,

2014年8月
チェンマイ2日目

バンコクエアウェイズの機内食を味わっていると、
あっという間にバンコクからチェンマイに、
到着してしまいました。
PGの機体319


荷物は持ち込みにしてあるので、
ターンテーブルで待つことなく、
そのまま出口へ。

市内へはタクシーの利用が一般的です。
いつものように、
プリペイドタクシーのカウンターで、
ホテル名を告げて、120バーツ払おうとすると、
運転手に直接払うようにと言われました。
変わったのか、何なのかよくわかりませんが、
言われるがまま、紙に行き先を書いてもらって、
外へ出ます。

チェンマイ空港は、一旦建物の外に出ると、
中に再び戻るのはできないらしく、
ファランがそれをしようとして、ガードマンに制止されてました。
空港内でトイレなどを済ませてから、表に出るようにしましょうね。

さて、タクシーに乗るには、
タクシーカウンターで貰った紙の番号が重要です。
これに記載の番号で、自分のタクシーに呼ばれるからです。
ところが、いくら待っても、お昼の時間のためなのか、台数が少ないのか、
なかなか呼ばれませんね。
しまいには、タクシー案内している、おばちゃんの指示により、
全員が表のタクシープールへ。
ここで、やっと紙に書かれた番号のタクシーと出会えたわけです。
流石はチェンマイ
空港タクシーから、適当な緩いのんびりムードです。

沖縄を出てからかなり時間が経った感がありますが、
それでも、当初予定の時間通りにチェンマイに着きました。

予約してあるホテルは、
99ザ・ギャラリーホテル
最近できたばかりのようでしたが、
タクシーの運転手は、知っていましたね。

ものの、15分でホテル前に到着。
チェンマイ空港から市街地が近いので助かります。
やっとこさチェンマイに着きましたね。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : チェンマイ, 空港, タクシー, 案内, ホテル,

2014年8月
チェンマイ6日目

さてチェンマイを去る日が来ました。
次はいつ来れるのでしょうか。
そもそも、このタマリンドヴィレッジを去るのも惜しい。
ここの朝御飯は最高ですね。
ブッフェスタイルであるけれど、置き方が食欲をそそり、
全部の品々を少しずつでもたべたくなってしまうのです。
結果、そうしましたが・・・

部屋のタイプはスーペリアだったんで、
そんなに広くなかったのですが、
なんか部屋にいると落ち着くのですね。
で、自分の家にいるような感覚になるので、ついついダラダラと。。。
部屋の内装がそうさせてるんですかね。

いやあ、このタマリンドヴィレッジはかなり評価は高いです。
お値段も高いので、チェンマイ来たら全部と言うわけにはいかなくとも、
2泊くらいはしたいもんですなあ。

タマリンドヴィ1


プールを見ながら、朝御飯。
周辺を少し散歩して、ワット・チェディルアンにお参り。
雨がまたしても降り出しそうな感じですね。

名残惜しくも、チェックアウトして、
ソンテウにて、空港へ向かうことにしました。

うーん、またチェンマイには来ますね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : タマリンドヴィレッジ, チェンマイ, 空港, ソンテウ, ワット・チェディルアン,

2014年8月
チェンマイ6日目

次にはいつ来れるのだろう。
と思いつつ、チェンマイを後にしました。
この後、バンコクへ立ち寄り、香港航空で香港経由沖縄へとなりますが、
まだまだ旅は続きます。

NokAir DD8313 バンコク行きは、
若干遅れて出発。
同じバンコク行きでも、
タイ航空やバンコクエアウェイズとは違って、
バンコクのドンムアン空港へ到着となります。
お間違えのないように。

そうそう、ドンムアンと言えば、
懐かしいと感じる方も多いはず。
また後で、ドンムアンがどうなっているのか、書きますね。

チェンマイを離陸したボーイング737-800は、
巡航高度に達すると、なんと機内食が配られました。
LCCで機内食とは。気が利いていますね。
DD機内食


と言っても、パンと水ですが、
どうせ何もないであろうと思っていたところへ、
配られると何やら嬉しいですよね。

飛行時間は1時間あっという間にドンムアン空港へ着陸となりました。
窓の外には昔見た景色が広がっておりました。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : NokAir, バンコク, チェンマイ, 空港, 香港航空,

2014年8月
チェンマイ6日目

チェンマイより、NokAirに乗って着陸したのが、
バンコクドンムアン空港です。
昔は、ここが国際線ターミナルとして機能し、
バンコクに来ると、ドンムアン空港に降りてきて、
「あーバンコクに来たな」という雰囲気にさせてくれる空港でした。

今は、国際線はスワンナプーム空港へ移り、
LCCの一部国際線のみドンムアン発着となっております。

ドンムアンと聞けば、一昔前にバンコクを訪れた人は、
懐かしく感じるのではないでしょうか。
私も昔は、何回もドンムアン空港のお世話になりました。

なので、
この写真なんかは、凄く懐かしいですね。
昔、ここにイミグレがあって、
入国審査を行っていたんだと思います。
で、下に降りたら、荷物のターンテーブルがあると。
いやあ、昔のまんまですねえ。
ドンムアンにて


さて、ここからは、
香港航空に乗るために、
スワンナプーム空港まで移動しないといけません。
でも大丈夫、無料バスが走っていますから。

まずは、ドンムアンの雰囲気を十分に味わいつつ、
無料バスの乗り場を探しに参りましょう。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ドンムアン, チェンマイ, バンコク, 空港, 無料バス,

2014年8月
チェンマイ6日目

ドンムアン空港の第1ターミナルに着いたのですが、
当たり前のことなんですが、昔のまんまでした。
LCCが発着しているだけあってか、結構賑やかです。

NokAir オリエントタイ エアアジア ライオンエア
など全部あわせると、かなりの便数になるのでしょう。

我々の乗る香港航空ですが、
ここドンムアンではなく、新空港スワンナプームからの出発となるため、
空港移動が必要になります。

ここで登場するのが、
ドンムアンスワンナプーム間を結ぶ無料シャトルバスです。
乗り継ぐ飛行機のチケットを見せれば、無料で利用できます。
BKK無料シャトル


一応、カウンターがあるので、そこでチケットを見せて、
乗る手続き?をします。
やる気のないタイ人が、適当にフライトナンバーを書き込んでいました。
かなりテキトーな手続きです。
でも、チケットがない人はお金を払っても乗ることができない仕組みのようですね。

時刻表では、日中は30分おきに運行となってますが、
実際はもう少し間隔が開いているような・・・
まあここはタイですからね。時刻表どおりには・・・
30分くらい待ったころ、バスに乗車。座席がちょうど埋まるくらいの乗車率。
立客はなしでした。

夕方17:00ごろでしたが、
大したラッシュにも巻き込まれず、ちょうど1時間ほどでスワンナプーム空港に到着。
予想以上に順調でした。
2時間はかかると見ていましたが、
予想に反して、すべて高速道路を走行のため、
結構早く感じました。

これなら利用価値はあると思います。
ただし、乗り継ぎの場合は、かなり時間的余裕を持ったほうが無難でしょう。
LCCのDELAYや、こうしたバスの思わぬ渋滞などもありますからね。
そんなことがあろうものなら、あっという間に2.3時間過ぎます。
バンコクの空港を変えての乗り継ぎは、
最低でも5時間くらいはあった方がいいのではないでしょうか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ドンムアン, スワンナプーム, 空港, 無料, シャトルバス, 乗り継ぎ,

2014年8月 
チェンマイ6日目

せっかくバンコクに立ち寄ったのですから、
空港にだけ居たのではもったいないので、
エアポートエクスプレスを使って市内へと足を伸ばしてみます。

現在18時。
次に乗るのは、
日付がかわった翌日2:10発の香港航空なのですから、
エアポートエクスプレスの最終列車で戻っても理論上は間に合います。
が、流石にちょっと怖いので、
23時にはスワンナプーム空港に戻ってこようかなと。

荷物を空港の一時預けに預けて、
身軽になってバンコクの街へ。
バンコクの・・
パヤタイ駅付近↑

BTSへ乗り継いで、伊勢丹周辺まで行きましたが、
相変わらずの大賑わいです。
バンコクも本当に都会になりましたね。
来るたびにそんなことを考えます。
初めてバンコクの地を踏んでから20年にもなろうとしてるのですから、
当たり前といえば、当たり前ですね。

伊勢丹前のBIG-Cにて買い物です。
ここで買うのは、タイのお菓子などですかね。
あと、タイ米とか・・・

結局、荷物を増やしたことになって、
スワンナプーム空港へ戻りました。

スマホで確認したとこによると、
これから帰ろうとしてる沖縄地方に台風が接近中とのこと。
行きに台風でつかまっただけに、
気になりますねえ・・・


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 香港航空, エアポートエクスプレス, スワンナプーム, 空港, 伊勢丹,

2015年3月
チェンマイ3日目

日本語を適度に話すニポンさんのタクシーにて、
無事にMakkaHotelへ運ばれました。
できてあんまり経たないホテルなのですが、
迷わずに行ってくれました。

サンデーマーケットが近いので、
周辺の道路は16時以降は通行止めになってしまいます。
というか、歩行者天国になるので通れませんからね。
で、時間は16時少し前・・・
危なかったですね~。ニポンさんのタクシーは慌てて戻っていきました。

さて、MakkaHotelですが、
agodaから予約ちゃんと入ってました。
2泊と1泊と分けて予約してあったんですが、
連続して同じ部屋でOKとのことでした。

キーをもらって部屋へ案内してもらいます。
途中で靴を脱いで下駄箱に仕舞って、
サンダルに履き替えて自室へ。
1階の部屋でしたので、近い近い。
何と言っても、全部で26室、2階建てのホテルですからね。

仏陀の教え?がコンセプトになっているのか、
お寺を模した構造になっており、
静かに寛ぐことができます。
2階にある図書室なんかは最高です。

部屋はそれ程広くなかったので、自室よりも図書室など、
他のスペースでゆっくりとしてくださいということなのでしょう。

残念なのは、シャワールーム。
洗面部分との仕切りが中途半端な大きさで、
普通にシャワーを浴びると、浴室全体が水浸しになってしまいました。
仕切りをもう少し大きくするか、シャワーカーテンをつけてもらいたいと思いました。

図書室はこんな感じです。↓
マッカホテル図書


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : MakkaHotel, サンデーマーケット, タクシー, 空港, 仏陀,