私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


1年は早いですね。

更新をさぼり出したら、もう止まりませんでした。
早くも1年。本当に年はとりたくないものですね。

何やらタイでもいろいろ起きていますねえ。微笑みの国でいてもらいたいですよね。いつまでも。

さて、また時間の許す限り更新していきますので、お付き合いください。
そこで考えたのが、メコン川を船で渡り、まず対岸のムグダハンへ。
そこからバスで3時間ほど行くと、ウボンラチャタニーの町に着く。
ウボンからバンコクへは少なくとも1日2便、それも朝と夕方に1便ずつフライトがあると踏んで、バスの3時間が気になるものの、このルートで決行することにした。
朝出れば、とりあえず夕方までには、間違いなくウボンに着くだろうと計算し、しっかり下痢止めの薬を服用していくことにしようと、なったわけ。







最近はタイにはなかなか行けませんが、励みになりますので、クリックお願いします。↓

熱も下がらないし、下痢も止まらんとなっては、もはやラオスの田舎町では処置なしである。
朝早く起きて、まず渡し舟で対岸のタイ側に渡る。
メコン川は流れはなく、どよんとした濁りの川であった。そんな川を頼りない小船は対岸へと行く。
タイの陸路入国では、ビザが本当は必要。
しかし、私一人しか外国人は居ない。
渡し舟に乗っていたラオ人は、パスポートをイミグレに預けてどこかへ消えた。窓口にはパスポートの山がガラス越しに築かれているのが見える。
取り残された私一人は、仕方なく、入国書類を記入し、パスポートと一緒に差し出す。
もし入国拒否ならば、このままタイとラオスの国境の狭間で、一生を過ごすことになるのだろうか?・・・・





はたして。
イミグレのオヤジは、ぶっきらぼうに、かつ面倒くさそうにパスポートを受け取り、大して確認もせず、ポンポンと判を押し、即行で1ヶ月の許可をくれた。
おお神様!というか拍子抜け。
ビザについてガタガタ言われ、賄賂でも要求されんだろうな。賄賂はいくらが相場か知らん・・・
とか考えていたので、あまりにも簡単すぎて「えーっ!」と言った感じ。
これで、国境の狭間の人にならずに済んだ。熱も下がってないしね。

JTBのサイトです。
格安のチケット探して見たら・・・・・


さて、無事にタイ入国を果たし安堵感が広がる。
体調が良ければ、この町ムグダハンで1泊していこうかということになるのだが、何せ下痢と、体温38度の熱の体に、この気温は堪える。
そそくさとイミグレ前で、トゥクトゥクえを捕まえて、先を急ぐことに。
トゥクトゥクで街の中心街へ入っていく。中心街と言っても、ここはタイの田舎町のムグダハン。
バンコクに比べたら、比較にならないが、何もないラオスから来た私にとってこのムグダハンの街はとても都会に見えた。
セブンイレブンやらなにやら、商店が立ち並び、街が活気に溢れている・・・
何かこう活力みたいなものを感じて、感無量。涙が溢れそうになった。なんとも言えない感覚。
 
海外航空券ならJTB