タイライオンエアSL538にて、チェンライ空港へ 機材はボーイング737-800でした。

ここでは、「タイライオンエアSL538にて、チェンライ空港へ 機材はボーイング737-800でした。」 に関する記事を紹介しています。
2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目


タイライオンエアSL538にて、チェンライ空港へ

前の記事で書いた、蜂蜜を没収される事件があったのち、
セキュリティを抜けてから、しばし呆然としてました。
蜂蜜没収は、ショッキングな事件でしたね。。

本当は、沖縄にも売ってない、
クリスピードーナツを買おうと思ったんですが、
そんな気も失せていましたね。
そのくらいショックでした。
蜂蜜が開封されずに誰も食べずに、終わってしまったことがショックでした。

気を取り直して、ゲートへ進みます。

今まで、ドンムアンから何回かチェンマイへ行きましたが、
いずれもバスゲートだったので、
今回もそうかなと思っていたら、
42番だったかな。通常のゲートからの出発でした。
バスは70番台のことが多い気が。。
SL538DMK-CEI

個人的にはバスゲートも好きなんですけれどね。
間近で飛行機をよく見れるし・・・

12:35が定刻でしたが、
12:40にドアクローズ
12:56にテイクオフ 21Lより

となりました。

機材は、ボーイング737-800でした。
ライオンエアは737-900ERがほとんどと思ってましたので、
ちょっと意外な感じもしましたが、
後で調べてみると、737-800もかなりの数を保有してるんですね。
737-800が9機
737-900ERが17機
となってました。

チェンライ行きだから、キャパシティーの少ない737-800かと思ったら、
日によって737-900が運用に入る日もあるので、
どっちになるかはその日次第ですね。
thailionair1


Thai LionAirは、
737-900ER持ってるなら、-バンコク沖縄路線を開設してくれないかなと、勝手な想像してましたが、
現時点では、新路線の開設ができない状態でしからね。
解禁になったら、期待しちゃいますよね。

チェンラーイ空港までは、
1時間と少し、14:00に着陸しました。

チェンライの街は上空から眺めてみると、
緑の多い街というイメージですね。
どんな出会いが待っているのか・・久しぶりにワクワク感がでますね。

ほとんど定刻で飛んでくれた
タイライオンエアに感謝して、
飛行機を降りました。

LCCですので、機内のサービスはなかったですが、
以前に乗った時には、お菓子をもらえた気がしたんですが、
なくなっちゃったんですかね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/1029-e36d5479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック