寄り道香港 重慶大厦

ここでは、「寄り道香港 重慶大厦」 に関する記事を紹介しています。
バスを降りると、怪しげな客引きが言い寄ってくるが、あえて無視して、自分の目的のゲストハウスへまっしぐら。この時はロンリープラネットで調べておいた。Aと書かれたエレベーターで、上へ昇っていく。2基しかないので待ち時間も長い。

この建物は、17階くらいまであり、多くのゲストハウスが入居している。
増築に増築を重ねた建物のため、内部は各ブロックに分かれている。そして厄介なのは、同じ階なのに、例えばA座からB座へといった、自分の居るブロックから他のブロックへの移動はできなかったりする。そのため火事になったらやばいとも言われていた。確かAからEとか5ブロックくらいに分かれている。
昔、九龍城という悪の巣窟と言われていた場所が香港にあったが、取り壊されたため、この重慶大厦が第二の九龍城とも言われているが、そんなに危ない雰囲気ではなかった。

特に最近は、防犯カメラを設置したり、防犯や防災には力を入れて、かなり改善の動きも強まっていているようだ。

私が泊まった当時は、1階部分は何故かインド人がやっているテナントが多く見られ、何となく雑多であり、不気味な感じもあったが、A座専用のエレベーターで昇った確か12階の超級賓館とかいうゲストハウス自体は、結構快適であった。危ない目にもまったく遭わず・・・・予想していた、危ないイメージの重慶大厦とは少し違った。
場所もネイザンロード沿いにあるので、かなり便利だと思う。

香港を訪れたら、泊まるのは無理と思っても、見学くらいはしておいた方がよい建物ではある。

次回は、ゲストハウスの内部について少し書きます。

旅行保険は加入しておいた方が、安心かも!
ネットで入れる!AIU海外保険
40%OFFの損保ジャパンの海外旅行保険


最近はクレジットカードに旅行保険が付帯されてますが、付帯保険の内容を、出発前によく確認されることをお勧めします。付帯していると思っていたら、実は一番肝心な疾病入院が付いてなかった!なんてことがないように注意してください



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/103-61c9a622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック