ワットジェッドヨートというお寺で、お経を聞き、時計塔の近くで夕食を

ここでは、「ワットジェッドヨートというお寺で、お経を聞き、時計塔の近くで夕食を」 に関する記事を紹介しています。
2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目

ワットジェッドヨートというお寺で、お経を聞き、時計塔の近くで夕食を

PromptCafeという、お洒落なカフェを見つけたので、
幸先の良い、チェンライ散歩のスタートです。

優雅なお茶の時間を過ごしてから、
市内の散歩へ出発。

まずは、ワットジェッドヨートへ。

徒歩ですぐに着きました。
ごくごく普通のお寺です。
いつもタイに来るとお寺に入って、
仏像と向き合ってると、心が非常に落ち着きますね。

本堂のご本尊の前に座らせてもらっていると、
夕方のお経の時間が始まったのか、
お坊さんが2名、すっと本堂に入ってきて、お経を始めました。
ワットジェットヨート_


タイ語のお経で、言葉の意味ははっきりとはわかりませんが、
何か耳に心地よくて、
ついつい聞き入ってしまいました。

20分くらいでしょうか。
お経を聞き終わって、晴れやかな気分で、時計塔方面へ散歩再開。



時計塔にやって来ました。
ワットジェットヨートから時計塔までは、
夜になると、怪しいバー街に変身しそうな空気が漂います。
なので、足早に通過。
チェンライの飲み屋街はこのあたりなんでしょうね。
私はお酒を飲まないので、用事のない場所ですが・・・

チェンライと言えば、時計塔!
と自分の中で勝手に決めていた、肝心な時計塔は、
道の真ん中に煌びやかな装飾を身に着け、
金ぴか輝いておりました。
ワットロンクンと同じ作家の作品とのこと。
チェンライ時計塔

いやあ、なんでこんな道の真ん中に、
煌びやかな時計塔にしたんでしょうね。
旧時計塔も、この近所に移設されて残されているみたいで・・・
その旧時計塔は、後日、サタデーマーケットにの時に確認することになります。

夜になるとライトアップされるみたいですが、
まだちょっと早かったので、
そのあたりで、食事でもして帰ろうとなりました。

なので、時計塔の周辺にいくつかあるお店を見て回って、
よさげなお店に入って食事をしようと、
フラフラします。
と言っても、そんなにお店の数が多いわけではないので・・・

すぐにお目当てのお店は見つかりました。
店の前にマンゴーを積み上げて、カオニャオマムアンを売ってるお店です。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/1033-1eccf52a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック