シンガポールのホテル

ここでは、「シンガポールのホテル」 に関する記事を紹介しています。
流石はシンガポール。
発展していて、物価も高い。
タイからやって来ると、いきなり物価が上昇し、インフレになったかのような錯覚を起こす。

宿は、ラッフルズホテルといきたい。
ラッフルズといえば名門ホテル。
香港のペニンシュラ、バンコクのオリエンタルと並ぶ、アジア3大ホテルの一つである。

と、ここまで解説しておいて、実はそこから少しいったとこにある安宿に宿泊しました。
雑居ビルの4階と5階が宿になっていて、何となく香港のチョンキンマンションを思い出す。
以前に記事を書きましたので 寄り道香港 重慶大厦

 確認ください。

料金は2000円で、シャワーは共同。それもお世辞にも清潔とは言えない。
おまけに水の排水も悪い。
部屋に当然のごとく窓はなく、陰湿な感じで、とても長時間部屋にいることはできず、1泊したら逃げようと思った。
どんな共同シャワーでも、清潔度合いはかなり重要ですよ。ほんとに。

ここで、バンコクじゃ2000円だせば、もうちょいましなホテルなのに・・・と、どうしてもタイ好きな僕は、タイを引き合いに出してしまうのだけど、それはいけないことですよね。その国の事情もあるしね。

この日はもう19時と遅い時間だったので、他の宿を当たる気もせず、ここで妥協。
あーあ憂鬱な夜になりそう。
晩御飯は、ラッフルズコートというショッピングセンターにある、フードコートへ。
どれにしようか散々迷ったが、鳥肉のせ丼みたいなものに落ち着く。
ここシンガポールも外食文化なので、夜ご飯を食べにきた人々で、フードコートはごったがえしていました。

すぐに部屋に戻る気はせず、宿の近くのスタバで時間を遅くまでつぶしました。

(つづく)



↓↓↓↓↓↓↓↓↓
思い立ったら、すぐに行きたいですね。海外旅行。
しかし情報がないと怖い、飛行機やホテルの予約は?と何かと面倒です。
そんな人にはここが便利です↓↓↓
【全く新しい海外予約 】航空50社×ホテル8万軒から自由に選べる&格安!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/135-fc82ee08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック