ハジャイに到着

ここでは、「ハジャイに到着」 に関する記事を紹介しています。
一つの駅で国境を越えた。
パダンブサールという駅。
この国境は、列車での通過に使われるが、車だともう一つの、ブキッ・カユ・ヒタムという国境をメインで使用しているようだ。長距離バスなんかだと、そちらの国境を通過する。
確かにパタンブサールは、少しひなびた感じの雰囲気であった。

列車はバタンブサールを離れて、タイに入りハジャイに到着した。
ハジャイはハートヤイとも言い、タイで2番目に大きい街で、南部では最大の街になる。

駅を降りてみたものの、それほど大きい街という感じはしなかったのだが、人はたくさん居るようだ。
交通量も多い。
この街は、電気店が多く売られていて、ある意味で電脳の街。
密輸品も多く取り扱っているみたいだが、しかしそんな雰囲気は漂ってはこなかった。

夜行列車の移動は成功し、予定通りハジャイに着けたので、本日はここで1泊することにする。

駅を降りて、トボトボ歩き、Montien Hotelにチェックイン。
このホテルは、構えが立派だったので、ちょっとためらいながらも、いきなり行ってみると、1泊350バーツで、ホットシャワー付きだという。
部屋を見せてもらうと、結構広い部屋で窓もあり、まあまあ快適そうなのでよしとする。
長期滞在ではないし、明日にはバンコクに向かうことにしているので、まあいいかと。

タイのガイドブックによると、この街は見るべきところはなさそうだった。
デパートはいくつかあるが、これといってめぼしい物を売っているわけではなく、電化製品もどれが密輸品なのかさっぱり検討がつかなかった。

明日のお昼のバンコク行きタイ航空便を予約して、駅前のミスタードーナツで時間をつぶす。
駅を覗いてみると、大混雑しているではないか。バンコク方面行きの夜行列車はすべて満席だという。10月だったので、2学期制のタイでは休みが終わり、みんなバンコクへ戻るのだろうか。
列車でバンコクへ行くなら3等の堅い椅子しかないのか・・・などと考えながら、1日過ごした。
(つづく)



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
旅行に行きたくなったら、まずは飛行機の手配をしましょう。
その前に値段ですね。そして空き状況の確認も↓↓↓↓↓↓↓↓
イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答出来ます


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/151-1b3a44ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック