シンガポール空港でのトランジット

ここでは、「シンガポール空港でのトランジット」 に関する記事を紹介しています。
今はシンガポール航空が、成田空港からバンコク経由でシンガポールへフライトしている。
昔はシンガポール航空でバンコクへ行こうとすると、成田からは直行がないのでシンガポールを経由することになっていた。

成田を19時に出るSQ11便は、シンガポールに日付の変わった午前1時過ぎに到着し、バンコクへのフライトはそのまま空港で7時間待機した後、朝の8時過ぎに出発することになっていた。

シンガポールのチャンギ空港は、設備がものすごくよくて快適なトランジットの時間を過ごすことができるのだが、このSQ11便で到着したときは様子が違うのであった。

そもそもSQ11は時間帯が悪いので、他のフライトに比べてチケットの代金が安いのである。
私はシンガポール・チャンギ空港の様子は十分に理解していたつもりであったので、このトランジット時間の異常に長いフライトを、何の躊躇もなく選んだのでした。

そして夜中の1時にシンガポールの空港に到着してみると、「ええっ??」
空港内の免税店は全部シャッターを下ろし、誰もいないではないか。
しかも寝心地のよさそうな、ベンチは先客にすべて占領され、寝るスペースもなし。
飲み物の調達もままならない。
おまけに、空港内の警戒のためか武装した軍隊が、するどい目つきで、明らかに安全装置を外した状態の銃を持って、非常に不気味なくらいゆったりとした足取りで、3人1チームで巡回しており、ものものしい。

うかうか眠ることも出来ず、早く朝にならないかなあ。とそればかり考えて過ごしてしまいました。
朝になると、いつもどおりのチャンギ空港の活況を取り戻したのは、言うまでもありません。

シンガポールでトランジットの人は、要注意です。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
旅行に行きたくなったら、まずは飛行機の手配をしましょう。
その前に値段ですね。そして空き状況の確認も↓↓↓↓↓↓↓↓
イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答出来ます



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/164-665f923e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック