ランタに到着

ここでは、「ランタに到着」 に関する記事を紹介しています。
ランタ島へは、タイの田舎を走り抜けていく。

ロイヤル・ランタ・リゾートのお抱え運転手の彼は、タイミュージックをいい音量で鳴らしながら、ランタへの道をひた走る。

周辺の光景は、まったくのどかなもの。
牛などの家畜を飼っている農家があったり、ゴム園があったり。
住んでる人はほとんどいないんだろうなあ。とか思いつつ行く道の光景を見つめる。

友人などは眠っていたが、こういう光景を見ずに寝るなんて、勿体ない!
と思ってしまうのは、貧乏性の私なんでしょうか?

ランタ島は厳密には、2つあって、北と南に分かれている。
最初は北の島に船で渡り、ついて、南の大きい方の島に、また船で渡る。

この船が面白く、車のまま乗り込んで、そのまま車から出ずに、到着したらそのまま車ごと下船するという仕組み。
本当に渡し舟の形態のミニフェリーといったところ。
船の形も、前後にタラップが付いていて、どちらからも車ごと下船できるようになっている。
まさに生活の足として使われているんでしょうね。

そうして船を乗り継いで、やっとこさランタ島(南の島)へ上陸し、ロイヤル・ランタ・リゾートへチェックイン。
(つづく)


ランタ島のホテルも、かなりの件数が日本からも予約できるようになっています。
アップルワールドは、タイだけでなく全世界のホテル予約ができます。
↓↓↓↓↓↓↓↓ぜひ見てくださいね。
タイのホテル予約

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/176-f5859749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック