メークロンへの旅 その7

ここでは、「メークロンへの旅 その7」 に関する記事を紹介しています。
前回は、朝寝坊という凡ミスを犯したので、終点のメークロンまでたどり着けなかったが、そのリベンジとして、今回はしっかり早起きをして、向かうことにした。

今までは、カオサンに宿を取っていたが、今回は少し宿をかえてみようと、伊勢丹のすぐ近くのホテルに泊まった。

ラチャダムリ通りから、164番のバスに乗り込み、まずウォンウェンヤイを目指す。
本日は日曜日とあって、道路はすいている。
それでも、伊勢丹前からウォンウェンヤイまでは、40分くらいかかったのだろうか。

前回に偵察して、駅の位置もばっちりわかっているので、迷うことなく駅に到着。
前に来た時と、ほとんど様子は変わっておらず、なんだか安心した。

今日はこのまま行けば、マハーチャイから川を越えて、13:30発のバーンレム発メークロン行きに乗れるはずである。

やがて列車がホームに到着して、リベンジのメークロン行きの旅は始まったのでした。


タイでもバンコクを離れ、こうした田舎まで来ると、タイ語のみしか通じません。
そこでこの本があると、心強く思うことでしょう。
↓↓
シリーズ300万部突破!旅の指さし会話帳

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/195-5bbf05a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック