ビエンチャンの町

ここでは、「ビエンチャンの町」 に関する記事を紹介しています。
ラオプラザホテル。
ここは街で一番の高級ホテルとのことで、現在でも稼働中である。
社長さんたちはここに宿泊。
私はといえば、他の安宿探しである。ガイドブックから目星は付けてある。
幸いなことに、このラオプラザホテルのすぐ近くだった。

社長さんたちから、晩御飯のお誘いを受けた。
きっとよい所に行くに違いない、高かったらどうしよう・・・・そんな気持ちを見破られたのか、
「いいよ、おごりだよ。大丈夫大丈夫」と言われてしまった。
何だか気恥ずかしい・・・。

私はさっさと安宿を見つけて、そこに投宿した。
名前は忘れたが、ラオプラザから徒歩で3分くらいのところだったと記憶している。
今はあるのかわからないが、中華系の老夫婦の経営する、小奇麗な宿であった。当然エアコン付き。

晩御飯はビエンチャンでは結構有名なレストランということで、ラオス料理を堪能。
やはり美味しいご飯は幸せな気分になるものなんですね。
いろいろな業界の社長さんたちと、楽しい歓談の時間を過ごさせてもらい、非常に感謝です。

社長さんたちは、翌々日くらいにバンコク経由で帰国された。
その後連絡を取ることはなかったが、今となっては、またお礼を言いたい気持ちです。
もう10年以上も経ち、ご記憶にないかもしれませんが、もしこのブログ読んで思い出していただけたら、コメントしてくださいね。
確か西日本方面の方々だったと記憶しています。
建設会社の社長さんとか、うどんチェーンの社長さん、中古車販売会社の社長さん、いろいろな偉い方がいらっしゃいました。

ビエンチャンでの思い出です。
時期は1998年4月から5月ごろですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/211-1b9188ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック