フエで考える ベトナム

ここでは、「フエで考える ベトナム」 に関する記事を紹介しています。
そんな具合のフエですから、もう滞在時間も必然的に短くなってきます。

ベトナムをよくぞここまで北上してきたものだと我ながら思いました。
だってけっこう散々な思いをしていますからねえ。
たぶんたまたま出会った人間が、悪かっただけでしょう。
もっと別な方にいけば、また旅は違う方向へいったのかもしれません。
出会った日本人はみな同じ境遇なのか、よい方が多かったのですがねえ。
本当に日本人の方々とは励ましあって、ここまで来ました。感謝感謝です。
旅って面白いですねえ。

ここから、陸路でラオスに入りヴィエンチャンを目指すか、ハノイまで行って考えるか・・・
とても悩みました。

しかし、ここまでベトナムに居れたのだから、ハノイを見ない手はないであろう。
ハノイを見た上でベトナムの旅を完結しよう、と勝手な考えを浮かべ、それを実行することにしました。
とはいっても、ハノイまでは飛び道具、まさに飛ぶという、飛行機を使うという技を使うことにしたのです。

もう陸路のバス移動は疲れました。
ベトナムの国にも疲れを感じていたので、早く移動したいという本能が働いたのかもしれません。
いやいや、単に楽をしたかったのかもしれません。
修行はもうこりごり、と根性のない私は考えていたのでしょう。

とにかくハノイから先のことは後から考えようと、さっさと気が変わらないうちに、ベトナム航空のオフィスに出向いて、フライトの予約です。
ラッキーなことに、翌日の昼前の便に空席がありました。
ハノイまでは1時間10分だそうです。何て楽なこと・・・・

久しぶりな楽勝移動に、心をときめかせながら、フエ脱出の荷造りをしたのでした。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/238-b2187907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック