ヤンゴンへ着陸

ここでは、「ヤンゴンへ着陸」 に関する記事を紹介しています。
不思議な不思議な、湿地帯のような光景を見ているうちに、飛行機は高度を落とし始めました。
いよいよ、ミャンマーのヤンゴンへ着陸です。

周囲の景色は、特にこれといって気を引くものはありません。
ただただ、湿地のような草原のような、そんな中の飛行場にタッチダウンです。
ここまでの瞬間が私はすごく好きなのです。
初めての国の時は特に・・・。
今日初めて入国するこの未知の国を、上空から観察すると、いろいろな想像を掻き立てられ、緊張と期待の入り混じった、妙に神経の高ぶった状態になるのです。
ちょっとした冒険みたいで、私はこの瞬間をとても気に入っているのです。

ミャンマー航空のパイロットも、おそらく軍人上がりなのでしょうか。
非常にショックの少ない着陸ではありました。
他の間ミャンマー航空の機体を見ながら、ターミナルビルに到着です。
1999年当時は、ヤンゴン空港のターミナルは、小さく古いものでした。
今はどうなっているのでしょうか。

緊張と期待の入り混じった状態は、市内に入り宿を取ったときに、半分くらいはなくなるのですが、そこまで到達するのに、このミャンマーという国では、強制両替という仕組みを通過しなければなりませんでした。
現在は強制両替のシステムはなくなっています。

次は当時あったミャンマーの強制両替について書きます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/255-4e94b84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック