ヤンゴンエアウェイズ

ここでは、「ヤンゴンエアウェイズ」 に関する記事を紹介しています。
バガンはとっても良い所なんでありますが、
日程が詰まってきた関係上、そんなに長居はできなくなってきました。

少々ヤンゴンで長く居すぎた模様です。
相変わらず、自分はペースが遅いんですね。参ります・・・
ヤンゴンからバンコクへ戻り、バンコクでも少し休養したいので、どうしても3日くらいしか、ヤンゴンでの時間は取れそうもないのでした。

本当はヤンゴンへ戻る時にはバスを利用したいと考えていたのですが、
やはりミャンマーの飛行機にも乗ってみたいなあと思ってしまったのでした。

バガンでは空港まで行かないとチケットは取れそうもなかったので、
宿で相談してみると、宿の人がどこかで手配してくれるとのこと。
料金は少し発券手数料を取られたものの、正規の料金に近かったのでお願いすることにしました。

本当はエアーマンダレーを希望していたのですが、FULLで取れず、
次に良いと言われている、ヤンゴンエアウェイズなら取れるとのこと。
ミャンマー国内航空は、安全性に問題があるのでやめておくように言われ、最近就航したばかり(1999年のこと)のヤンゴンエアウェイズで、ヤンゴンに戻ることにしたのでした。

今でこそ、ヤンゴン航空は、ミャンマーの中ではまともな航空会社という認識のようですが、
当時は未知数で、私も聞いたことがない会社だったので、少々の不安はあったのですが、とうとうそのチケットを買ってしまったのでした。
ただピンサルーバの人の、機体は新しいから大丈夫だよという言葉だけを信用して・・・・

やはりバスもと考えましたが、日本ではあんまり見ることのできないプロペラ機にも乗ってみたかったので、様々な葛藤はありましたが、やはり飛行機でヤンゴンに戻ることに決めたのでした。

こういう判断もで悩むのも、旅の楽しみ方の一つではありますね。。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/290-109d2fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック