コヴァーラムビーチでの食事

ここでは、「コヴァーラムビーチでの食事」 に関する記事を紹介しています。
コヴァーラムビーチでは何人かの日本人に会いました。
皆、思い思いにインドを楽しむ人たちでした。

こうして旅では、いろいろな人に出会います。
このコヴァーラムビーチでも、いろいろな方々があらゆる方面から来ていました。
海外旅行初めての私なんかは、何にも経験なんかがないものですから、
ただただ、いろいろな話を聞いて、関心しては、もっといろいろな土地をこの目で見てみたいと思うようになっていったのでした。

コヴァーラムビーチは、今現在はどんな状況になっているのかは知らないのですが、
当時は浜辺のレストランで食事をしたのを覚えています。
その時の印象はこうです。

浜辺のレストランといっても、屋台に近いが・・・に、日本人の何人かで夕食に。
テーブルを囲みみんなそれぞれが、好きな食事を注文していきます。
といっても、ここはインドの南の方なので、頼めるものといってもそれ程種類はありません。
カレーや、チキンなどを頼んでみましたが、待てど暮らせど出てきません。
注文してから料理が出るまで1時間と少し掛かりました。
私などは心配になったのですが、他の人たちは何食わぬ顔をしています。
インドではこのくらいの待ち時間は当たり前だし、
おそらくチキンの肉がなくなったので、トリヴァンドラムの町まで買いに行ったのだろう。
などと冗談めかして待っているのでした。

このことは今後私が海外旅行をするにあたって、
とても影響を及ぼす出来事になりました。
どこの国に行っても、待たされ慣れてしまい、めったに遅いということでクレームを付けることもありません。
まあ私が極端すぎるのかもしれませんが、とにかく慌てるなということですね。

このレストランでも、インド人は遅いということを理由には誰も謝りません。
時間はかかっても言われたものを提供したのだから、問題はないというスタンスです。
とても面白いなあと感じましたね。
今まで自分は日本しか知らなかったので、こういったことが通用する国があること自体がカルチャーショックでした。
こうして、インドからいろいろなことを、少しずつ教えてもらったのです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/331-a28b96ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック