台北の空港リムジンバス

ここでは、「台北の空港リムジンバス」 に関する記事を紹介しています。
2005年5月

台湾に無事に入国を済まして、今度は自力でホテルまで辿り着かねばなりません。
ここが旅の一番面白くもあり、また緊張する場面でもあるのですが、楽しくいこうということで、
まずは、空港リムジンバスのカウンターへ。
案内標識に従って簡単に辿り着くことができました。

台北の桃園空港(昔は中正空港)から台北市内へは、4つのバス会社がエアポートバスを運行しています。
國光客運、長榮巴士、大有巴士、飛狗巴士となります。
各社がそれぞれ路線を持っているので、自分の目的地にあった路線を選ぶことになりますね。

我々の泊まる圓山大飯店は、大有巴士がホテルへ直接乗り入れる路線を持っていると情報を得ていたので、
まっすぐ大有巴士のカウンターへ向かいチケットを購入しました。
どうやら圓山大飯店へは不定期運行?となっている様子。
カウンターの人も困ったなといった表情を見せるのでした。何故か?
その不安は乗車してから増長されていくのですが・・・

入国後にとりあえず両替を済ませます。
空港内の銀行では、適当に2万円くらい台湾ドルに変更しました。
ひとます空港の銀行はレートがよくないと思ったのですが、どうなんでしょう?
それほど気なるような差はなかったと記憶していますが・・・
まあまあ,そのあたりの金額に関しては、旅の期間の長さとかにもよるのでしょうね。
この旅は3泊4日という短期でしたので、気ならないと言えば気にならなかったのかもしれません。

とにかく圓山大飯店までのチケットを購入し、指定されたバスに乗り込みます。
料金は確か100元くらいだった気が・・・
バスはそれほど新しくなく、どちらかと言えば古いタイプのものでした。
乗っている乗客は、顔つきからすると日本人なのか台湾人なのか、パッと見では判断できないのでした。
話し声で何となく日本人とわかった方もいましたが・・・

とにかくバスは市内へ向けて空港を離れ出発したのでした。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/346-be516a18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック