九份への道(その1)

ここでは、「九份への道(その1)」 に関する記事を紹介しています。
2005年5月

台北第2日目

圓山大飯店の夜景を存分に楽しんでいたので、
少し寝るのが遅くなってしまい、これまた見事に寝坊してしまったのでした。
本当はもうすでに、台北の駅から九份へ向かって列車の中、という時間なのに・・・
未だに圓山大飯店に部屋におりました。

身支度を整えて、昨日と同じマイクロバスで、
MRTの圓山駅まで送ってもらい、そこからMRT淡水線に乗って、
台鉄の台北駅まで向かうのであります。

MRTは昨晩のモスバーガーのある民権西路駅を過ぎると地下にもぐり、
地下鉄となったまま、台鉄の台北駅に滑り込んだのでした。
この地下鉄は、雰囲気はまったくもって日本と同じなんですね。
ただ、通行が逆なだけで、乗ってる人々もみんな日本人と同じような顔つき、格好なので、
何だか日本にいるような気分なんです。
たぶんしゃべらない限りわからないのでは・・・などと思ってしまいました。
外国人と思われない方が都合がいいことがたくさんありますからね。

台鉄台北駅にて、早速九份への乗り継ぎ駅となる瑞芳駅までのチケットを購入。
列車の間隔がちょうど開いてしまうのかわからないが、
40分後くらいの自強号になりました。
言葉だと間違えそうなので、紙に瑞芳と書いて窓口の人に見せたら、
自然と自強号になっただけなんですがね。
外国でチケット買うときは、紙に書いたほうが確実かもしれませんね。

ここでやっとこさ遅めの朝食・・・
時間にして11時くらいだったでしょうかねえ。
いやはやお腹空きました。
駅の簡易カフェみたいなところで、珈琲飲んでまったり・・・
こうしてまたもやというか、いつもなんですが、私の旅はスローなっていくのでした。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/352-45f5d8e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック