鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包(しょうろんぽう)

ここでは、「鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包(しょうろんぽう)」 に関する記事を紹介しています。
2005年5月

鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包(しょうろんぽう)はとても有名なので、
これを食べるのが、この台湾旅行の目的の一つでもありました。
そこで永康街にある、鼎泰豊のお店に行くことにしたのでした。
永康街については、またの機会に書くことにして、
今回は、鼎泰豊鼎泰豊小籠包についてに絞ります。

まず鼎泰豊のお店に行ってみたところ、
時間帯がお昼のせいもあってか、すでに長蛇の列が・・・
それでも、お店の店員は慣れたもので、次々に名前を聞いては、さばいていきます。
店構えはそんなに大きい感じはしないのですが、このビル自体が鼎泰豊とあってか、
回転は早いようで、意外に短い時間で席に案内されることになったのでした。

早速、鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包(しょうろんぽう)を味わいます。
中に肉汁がたっぷり入っていて、
それを、醤油とお酢、それに生姜で頂くのですが、
もうその美味しさは・・・たまらないといった美味しさで、
しばらく絶句しましたね。
小籠包というのは、これまたこんなに美味しいものだったのか・・・と。
改めて感じるくらいに美味。

もちろん、台北に来ていて食べるのですから、
その場の雰囲気というのもあるのは当然ですが、それを見越してもまだ美味しいと言えましょう。
(後日、新宿の高島屋の鼎泰豊で食べた時は、また一味違ったのは何故・・?)

小籠包のほかにも、何品か料理を頼んだのですが、
ハズレというのはなかったですね。全て美味しいですよ。
ただ、ここに来たら小籠包だけ連続注文して、それだけ味わえれば、
もう満足なんではないでしょうかね。

というわけで、ひとつだけ言えるのは、
鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包(しょうろんぽう)は、とても美味しいので、
ぜひ台湾に来たら味わうべし。としておきましょう。


関連タグ : 鼎泰豊, 小籠包, 永康街,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/360-9e372443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック