カニャークマリへの道

ここでは、「カニャークマリへの道」 に関する記事を紹介しています。
2011年6月
南インド4日目

ついにマドゥライを後にしてカニャークマリへ向かいます。
ホテルChentoorの屋上レストランから、
ミナークシ寺院を眺めて手を合わせます。
屋上からミナクシ

カニャークマリへの移動は、先日予約してしまったホテルの専用車。いわばタクシーですな。
これで約230キロの道のりを行くことになります。
バスなら6時間かかるところを、これなら4時間もあれば十分に到着するとのこと。
果たして本当なんでしょうか。
ホテルの地下のパーキングからの出発となるので、チェックアウトしていたら、
旅行代理店の兄ちゃんがやって来て案内してくれました。

そして、ホテルから一路マドゥライへということで走り出したのでした。
運転は当然のごとく、クラクションを鳴らしまくりの、追い越しまくりの何でもありな状態。
マドゥライの街の中は、車、バス、リキシャにバイク、歩行者に牛と何でも道にいるので、
その中を縫うようにして走り抜けて行くことになります。

少し走ったところで給油。
この車はディーゼル仕様なので軽油を入れていました。
1リットル=40ルピー(約72円)という、結構な軽油の高さに驚いたものです。
だから、Chentoorの代理店のお兄ちゃんは、ガソリンが高いと言っていたのですね。
見ていると、ちょうど1000ルピー分を給油した模様。
リッター約12キロくらいこの車が走ると勝手に見積もるとしたら、ちょうどカニャークマリ往復分くらいの給油量ということになりましょうか。
このTATAの乗用車はけっこう燃費は良さそうだし・・・

その後、車はマドゥライの街を抜けて、景色は郊外のものとなりました。
道路は高速道路が整備されており、路面状態も良好。そこを時速90キロで巡航していきます。
意外と飛ばさないのだなという印象です。燃費のせいかな。
何もない畑の中、時折現れるちょっとした町というか集落を次々に通過していきます。
高速道路はどうやら、町の中心は通らないようですが、町が近づくとバイクが逆走してきたりして恐ろしい。
だって、ここは高速道路ですよ。そこを原付で、しかも逆走なんて、怖い怖い・・・。
しかし、運転手も特にこれには反応しないので、毎度のことなのか・・・やはりここはインドなんですなあ。

ホテルのタクシー


その後、道端のチャイ屋で1回の休憩を得て、
ひた走ると、風力発電のものすごい数の風車が見てきました。
行けども行けども風車ばかり・・・これは圧巻です。ものすごい数です。
いったいこの風車の数でどのくらいの電力をまかなえるのでしょうか。
低周波の問題もあるのかもしれませんが、自然エネルギーの有効活用ですね。

(つづく)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/388-d1934eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック