ヴィーヴェーカーナンダ岩 に上陸

ここでは、「ヴィーヴェーカーナンダ岩 に上陸」 に関する記事を紹介しています。
2011年6月
南インド5日目

難民船か?と思わせる船に揺られて5分ほどで、
救命胴衣を使用することもなく無事にヴィーヴェーカーナンダ岩に上陸できました。

上陸すると次の関門が待ち受けていました。
入場券売り場に殺到するインド人です。
この島は入場料が必要みたいですが、チケットブースの窓口は3つあるのに係員が1人しかいないという状態の所に、
列に並ばないインド人が殺到しているわけですから、我々は付け入る隙がないのでした。
それでも強引に体を列にねじこんでバトルしてみましたが、
窓口の前まで何とか辿り着くも、私の顔の前に後ろから手を伸ばしてルピー札を突き出し、
強引に先にチケットを買おうとする人の良さそうな顔をしたおばあちゃんなんかも居たりして、
もう窓口前は殺気立っているのでした。
結局私は後ろから結構抜かされて、ふと気付いて後ろをみてみると、もうほとんど人が居ない状態でした・・

それにしてもここの窓口の女の人がすごいんです。
3つの窓口を1人でこなしているんですから。
それもできる限り順番にぐるぐると、まああんだけ殺到されたら焦りますけど、そんな様子もなし。

やっと手にした入場券を握り締め、先に進んでいくと靴預け所がありました。
ここでもどうやら裸足になるようです。
インドでは裸足になる場所が多いですね。特にこういった聖なる場所では特にそうなのでしょう。
サンダル預けて番号札をもらいました。
が、この島自体は特になんてことはない場所でした。

ヴィーヴェーカーナンダから眺め
↑島から見たカニャークマリの町

↓ヴィーヴェーカーナンダが瞑想したことの記念堂
ヴィーヴェーカーナンダ

など島をグルグルしていましたが、照り付ける直射日光のため、
裸足で歩く地面は暑く、船と上陸後のバトルで疲労困憊の状態になってきました。
なので、下の写真のティルヴァッルヴァルの像のある島へ移動しようということになったのでした。

ティルバル

サンダルを返してもらって、今度は乗船ということになりますが、
これまた長蛇の列・・・
ひさしのある通路が作られていて、そこに大勢の人が並んでいました。
これじゃどんだけかかることやら・・・
と思いつつ我々もその長い長い列に加わったのでした。
(つづく)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/396-97408622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック