トリヴァンドラム空港へ向かう

ここでは、「トリヴァンドラム空港へ向かう」 に関する記事を紹介しています。
2011年6月
南インド7日目

トリヴァンドラムの駅周辺をウロウロして、16年前の記憶を辿ろうと思ったのですが、
天候は雨。
しかも本日バンガロールへ移動とあって、
荷物も抱えてとなると・・・なかなか厳しいですなあ・・・
思うようには行かないのが、旅というものなんでしょうか。

時間は14時30分になったので、
少し早いですが、空港への移動を開始しました。
このインディアンコーヒーハウスは非常に珍しい構造の建物でしたので、
写真を撮ろうと思ったんですが、
ここのすぐ前がオートリキシャのスタンドとなっていて、
店を出るや、交渉を開始してしまったので、写真撮れず。というか忘れていました。

空港まで、150ルピーで妥結。
オートにしては、まあまあの料金でなかったでしょうか。
確か16年前も100ルピーくらいだった記憶が。
値下げ交渉をしてみたものの、「空港は遠いからね~」と一蹴されていまいました。
まあ南インドなので、それほど激しいボッタクリはないと思いますが・・・

街を走り出して、しばらく行くとコヴァーラムビーチへ行くバスが停まっている停留所を発見。
人がたくさん居て、ゴミゴミしている場所というのは変化してない感じです。
たしか16年前は駅からここまで歩いてきたはずなんですが、
こんなに距離があったかなあ・・・という印象。
それにバスも新車のバスに変わっていて、
やはり、コヴァーラムビーチは観光資源として力が入っているんだろうか・・・などと考えてしまいました。
コヴァーラムにも行ったら、あまりの変化にびっくりすることになるのではないかという、
一抹の期待もあり、行ってみたかったんですが、
今回の旅では、時間的に無理ですね。

リキシャはどんどん街から離れて、郊外に向かって行きます。
途中、道路が思いっきり冠水している箇所もあったりして、ヒヤッとしましたが、
天気はいきなり太陽の照り付ける晴れになってきました。
やはり熱帯の天気は変わりやすいんですね。

空港は、最近新しい国際線用のターミナルができたようで、
リキシャのドライバーにどっちか聞かれました。
国内線用ターミナルは昔のままみたいでした。
なんとなく覚えていますが、本当に記憶とは曖昧なのですね・・・。

市内から空港まで30分くらいのドライブでした。
料金も言い値どおりの150を払って、おしまい。
南インドはこうゆうところが楽ですね。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/406-b3938f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック