ピーチ MM921は新型機でした

ここでは、「ピーチ MM921は新型機でした」 に関する記事を紹介しています。
2015年9月
1日目

朝一番の8:40に出発のピーチ MM921、台北行きは、
那覇に昨晩から駐機している機体を利用するので、
遅延はほとんどないのじゃないでしょうか。

この日も、定刻よりも前にドアクローズしました。
搭乗率は90%以上と見えて、ほぼ満席。
日本人と外人は半分ずつくらいの割合でしょうか。
台湾の人は、日本人と同じに見えますので、判別はできません。
おそらく、台湾の人もそう思っていることでしょう。

この日にMM921に充てられた機体は、
ピーチの中で一番新しい機体でした。JA816P
なんと、座席が薄型になっており、シートピッチが広くなってました。

通常の座席だと、かなり圧迫感があるのですが、
この新しい飛行機は、そうでもなかったので、よく観察してみると、
座席も新型であることに気が付きました。
ほんの数センチの違いなのかもしれませんが、
その数センチがこうも快適性によい影響をあたえるとは、驚きです。

いずれは、このタイプのシートに切り替わっていくのでしょう。
しかしながら、前の席の人が、リクライニングしてくると、
相変わらず圧迫感はありますので、
LCCのこのタイプの座席リクライニング時は後ろの人に、気をつかってあげてくださいね。
新座席MM


台北までの飛行時間は、
1時間と少し。本当に沖縄からだと近いですね。

トイレの表示↓
MMトイレ表示


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/634-85789cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック