伊丹空港への着陸時の景色 なかなかです。

ここでは、「伊丹空港への着陸時の景色 なかなかです。」 に関する記事を紹介しています。
2015年12月31日

伊丹空港を久しぶりに利用しました。
たぶん9年ぶりくらいかもしれません。

伊丹空港への着陸は、
大阪の市街地の上空をまともに通り抜け、
東海道新幹線の新大阪駅の真上を飛び、
千里川の土手をかすめて、滑走路へ着陸していきます。
ITMAPP1

から見ていると、
眼下には大阪市街地が広がり、
よい景色です。
ITMAPP2

昔の香港啓徳空港への着陸のように、
高層ビルに翼を引っ掛けるのではという錯覚にとらわれることはないですが、
市街地上空をこれほどの低空で飛ぶのは、
なかなかスリリングではあります。

もし、大阪国際空港(伊丹空港)へ着陸する機会があれば、
側の席から地上を見下ろしてみてください。
昼間で天気がよければ、大阪の町並みを上空から見ることができますし、
夜の時間帯は、きっと綺麗な夜景がご覧になれるはずですよ。

今回は、昼間でしたが、
写真を何枚かUPしておきました。

なお、千里川の土手は、
伊丹空港の滑走路32Lへ降りていく飛行機が、
頭上をかすめていきますので、
間近で飛行機を見ることができます。
(風向きによっては離陸の飛行機になります)
このポイントには、飛行機好きとしては行ってみたい場所ですね。

今回は、初搭乗のボーイング787型機の大きなから見れました。
787型機


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/688-572ff8f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック