V-AirのA320型機は座席が狭い・・・これで台北へ

ここでは、「V-AirのA320型機は座席が狭い・・・これで台北へ」 に関する記事を紹介しています。
2016年3月
タイへ
7日目

V-airの台北行き ZV10便は、
やや早めの21:20にプッシュバック。
定刻は21:30なので10分早い。
滑走路は南へ向いて18から離陸しました。
珍しい。時刻は21:30。
ZV10CNX


搭乗率は、決してよくはないですね。
6割ぐらいといったところでしょうか。

機種はエアバスA320でして、
座席はLCC標準仕様の180席ですから、
かなり狭いです。
前回乗った、A321型機はレガシーキャリアの座席間隔と変わらず、
V-Airの高評価のひとつになっていたんですが、
今回は、A320が充当され、ハズレ感はありますね。
チェンマイ線には、A320が充当されることが多くなりそうですが・・・

とは言っても、
どんな飛行機が充当されてくるか。。(現在V-Airに在籍は4機)
これは運なので仕方がありませんが・・・

安全のしおりには、
この飛行機のレジ(登録番号B-22316)が記載されていました。
このパターンは、あんまり見たことないですね。
安全ZV


後方には空席が目立ちましたが、
離陸後ベルトサインが消灯すると、
大半の人が座席を移動。
V-Airの緩いところですね。
ピーチとかだと、座席の移動は禁止となっているようですが、
このゆるさが、V-Airのまたいいところ。
せっかく空いてるんですからね。
広く使った方がいいかと。

夜の運航ということで、
やがて消灯されましたので、
しばしの眠りにつくことにしました。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/794-43298265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック