仙台行きJL3537便 J-Air運航便

ここでは、「仙台行きJL3537便 J-Air運航便」 に関する記事を紹介しています。
2016年7月
仙台&東京
1日目

FUKでFDA機など

福岡空港を後にして仙台へ向かいます。
飛行機は、小型機のERJ170(エンブラエル170)というブラジル製の機体。
席について、窓から隣を見るとFDA機も出発待ちしてました。
機体レジを良く見ると、JA11FJだったので、フジドリームエアラインの中では、
一番新しい機体でERJ175ですね。
同じグリーンでも、JA04FJだったら、これから自分が仙台へ向かう飛行機と同型のERJ170だったんですがね。
ERJ175はちょこっとだけ胴体が長いんです。
同じ色なので見分けが付かない・・・
と話が脱線しましたので、元へ。

このJ-AirのERJ170ですが、
小さな機体の割りに機内は広い構造を持っており、狭くは感じませんでした。
座席配列は2-2となっていて、
普段良く乗っている、エアバスのA320よりは狭いのですがね。

そんな小さな飛行機でしたが、
14:30の定刻5分前にドアクローズ。
搭乗率は40%くらいでしょうか。
後方には、空席が目立ちました。
まあ、平日ですからね。
E170安全


プッシュバックされてから、
滑走路の端で待機。
この便から、風向きが変わったらしく、
ランウェイ16からの離陸となりました。(海側から離陸)

離陸後迂闊にもウトウトしてしまったのですが、
機長からのアナウンスで目覚めました。

現在広島上空を飛行中で、
今後は、鳥取砂丘、小松空港のあたりを飛んで仙台へ向かうとのこと。

窓の外を見やると、
滑走路が見えましたので、おそらく広島空港ではないかと。
広島空港かな

広島空港を通過後、
四国方面を見やると、瀬戸大橋が遠望できました。
その後、鳥取砂丘は真上を飛んだのか見えませんでしたが、
天橋立のある丹後のあたりは見ることができました。

福井市は上空から見えましたが、
その後は、ずっと雲の上を飛行して、
地上は、かすかにしか見えないので、たぶんこの辺りか・・・
という予測でしかありませんね。

いやいや、それにしても、
福岡-仙台なんて、滅多に乗らない路線ですから、
日本列島の一部を上空から見れるなんて、
旅好きの私からしたら、至福の時間でした。
しかも、飛行機は沖縄ではお目にかかれない、E170ですからね。

旅情も盛り上がってきたところで、
仙台空港へ向けて雲の中を降下開始となりました。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 福岡, 仙台, JL, J-Air, ERJ170, FDA, 路線, 日本列島, ERJ175,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/833-62bb8b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック