台湾2泊3日の弾丸気味の仕入へ、出発はいつものピーチの朝一番のフライトで、LCCターミナルの過ごし方

ここでは、「台湾2泊3日の弾丸気味の仕入へ、出発はいつものピーチの朝一番のフライトで、LCCターミナルの過ごし方」 に関する記事を紹介しています。
2017年1月
台北仕入&小旅行
1日目

台湾2泊3日の弾丸気味の仕入へ、出発はいつものピーチの朝一番のフライトで、LCCターミナルの過ごし方

いつもの朝の那覇空港LCCターミナル。
ピーチのフライトは、国内線、国際線共にこちらから出発します。

いきなりLCCターミナルに来てしまうと、
あまりのお店の少なさに唖然とするし、
朝のフライトに乗り込む前には、
コーヒーの1杯くらいは飲んでおきたいもの。

しかし残念ながら、
LCCターミナルでは、大したものは購入できないと思っていた方がいいでしょう。
お土産屋さんや、コーヒーショップもありますが、
時間帯で開いてないこともあります。
よって、
那覇空港国内線ターミナルのコンビニで何か購入してくるのがよろしいでしょう。
私はいつも、国内線ターミナル2階のローソンで、
ホットコーヒー買って、一息ついてから、
LCCターミナル行きの無料シャトルバスに乗り込んでます。

ただし、チェックイン時間の締め切りには厳しいLCCのこと。
那覇空港国内線ターミナルとは、
無料連絡バスにて5分くらいの所要時間で結ばれているものの、
満員で乗れないこともあるので、
ギリギリだと、
チェックイン締め切りに間に合わなくなることもあるかもしれません。
おそらく、最低でも2台の巡回バスが回ってますが、
便が重なると、長蛇の列&乗車不可となり、次のバスとなることもあるかもしれません。

時間が来ると、容赦なくクローズして、
乗り遅れてチケットがパーになるという話は、
たまにではありますが、耳に入ることもあります。

時間には余裕を持って、
ある程度の食糧も持って、
LCCターミナルへ移動しましょうね。

さて、いつもの通り
チェックインも無事に終わり、
さっさと出国。

殺風景な待合室で待たされてから、搭乗開始。
飛行機までは徒歩で向かいます。

台北への2泊3日の小旅行の始まりです。

LCCターミナル那覇風景


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanginet.blog106.fc2.com/tb.php/961-7412c728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック